FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



南東部クワヘリ in Ndanda
 昨日はNdandaですっかり恒例になった南東部クワヘリがあった。10月に帰国するNdandaの三木隊員、Masasiの村山隊員、田中隊員が中心となり企画してくれ約20名の隊員が集まった。俺も同任地の中村隊員と共に参加した。林隊員一緒に行けたら良かったのだが、生憎の用事のため参加できかなった。朝7時のバスに乗ってネワラを離れ11時前にはNdandaに着いた。

 着いてからは体調不良で数日前からNdandaの病院で入院していた杉山隊員と竹下隊員のお見舞いをしてその後は三木隊員が予約してくれた教会の食事を皆で食べて夜のパーティーの準備をして待った。Ndandaにはドイツ人が経営する精肉場から美味い肉やソーセージが手に入り、すごいご馳走になった。今回のクワヘリの主賓は18-1の中村隊員と監物隊員なんだけれど延長した俺と服部隊員も準主賓みたいな感じで加えてもらい、美味い食事とビールを飲みながら主賓の活動ムービーを見たりみんなから一言ずつ有難い言葉を頂きとても感激したし、南東部のこの輪の中でずっと活動してこれて本当に良かったと思った。

 今朝は昨晩遅くまで飲んだにもかかわらず皆早起きして教会で朝食を食べて、各々解散していった。俺と中村隊員も午後2時半にはネワラに戻ってきて、その後はゆっくり休んだ。泊りがけのイベントの帰ってきてからの脱力感が学生の時の合宿と似ていて妙に懐かしかった。

20080517_001.jpg
今晩のご馳走だ。

20080517_000.jpg
早くから肉を焼き始める参加者たち

20080517_002.jpg
皆で
健康管理員ネワラ訪問
夕方4時頃に、生活状況を把握しに山崎健康管理員が佐藤フィールド調整員と共にやってきた。俺はお蔭様で今まで大きな病気をすることもなく生活してこれたし、もうすぐ任地を引き上げるので、細かく生活状況をチェックされることもなく、使わなかった薬を返却しながら雑談みたいな感じで終わった。そしてその後はネワラの皆でカントリーロッジへ行き豪華な夕食を楽しんだ。この夕食の時に任地を引き上げる日を中村隊員と6月8日日曜日と決めた。この日はムトワラの佐藤フィールド調整員の家へお邪魔させてもらうことになった。中村隊員と一緒に引き上げられるし、佐藤さんの家へお邪魔させてもらえるし、もし早くムトワラに着けば日曜に最後に海にもいけるし、最初は任地引き上げを1人で普通にすることを考えていたので一気に楽しみになったよ。ともあれ山崎さんとは歯の詰め物が外れた件で短い間だったけれど本当にお世話になった。6月彼女は出張と一時帰国で不在となるため、今日がお会いする最後の日になった。特に寂しさはなかったがこうやって帰国まで一人一人お別れをしていくんだな・・・・。

20080512_000.jpg
皆でカントリーロッジにて
停電
4週間ほど前から停電が酷い。一日に電気があるのは8時間以内だ。それも皆が寝ている朝2時~6時に戻ってくるときもあるので、起きている時間に電気が使えるのは正味4時間。夕方6時~10時ならまだいいんだけど、夕方6時以降に無くなったりすると結構辛い・・・。停電の原因はマサシ発電所の3台ある巨大ジェネレーターのうち2台が壊れて1台もやっとで動いているらしいんだ。TANESCO(Tanzania Electric Supply Company)に不満が溜まる。もうすぐ任期も終わるんだけどさ・・・。開き直って残り1ヶ月の停電生活を楽しもう!という気分にはならないな・・・。でも良いように捕らえれば電気に依存しない生活ができるというのは、タンザニアのメリットかもしれない。日本ではまずないけれど、もし1日8時間しか電気が無かったら何もかも麻痺するだろうからね。只ここネワラでも電気に依存しているものが一つあって、それが水なんだ。ネワラは高地(標高750m)にあり、水は井戸にポンプが動いて運ばれて来るんだけど電気が無いとポンプが動かず、水が運ばれてこないんだ。もう既に教員住宅用の井戸には水が無くなったらしい。俺のは雨水を溜めるだけの貯水槽なんでポンプは関係ないんだけどね。住民の水の不満もTANESCOに行かないかなぁと俺は少し期待している。そしてTANESCOが早急にジェネレーター修理に取り掛かり直してくれればな。でも任期中に電気が安定することを望むのは止めようと思う。
隊員派遣終了の告知
昨日次長と永田フィールド調整員が学校にやってきて校長に後任者が辞退したことと、事務所内のルールで決まった最寄のエアーストリップまで2時間半の基準からネワラは外れるのでもうこの学校に隊員を派遣することはまず無いということを伝えた。校長も唖然としていて中々事態を受け止められなかった。最終的には分かってもらえたんだけど、俺も同席していて必死で受け止めようとする校長を見ているのは辛かった。伝える方も嫌だけれど、聞かされる方がやっぱり辛い。

 そして今日の夕方、警備員のBabuがやってきたときにスタッフのIsayaも夕食に呼び3人で食事をしているときに決まっていた後任者の辞退したことについて話した。ネワラの隊員の派遣中止については話さなく、次の隊員が来るのは1年後になるか2年後になるか未だ誰も分からないとだけ話した。さすがにいつも陽気なBabuもこのときだけは、話し終わるまで終始無言だった。Isayaも残念だ・・・としか言わなかった。暗い雰囲気の食事になってしまったが、食べ終わる頃には2人とも何とか受け止めてくれた。

 無理に平静を装っているBabuがこのときは本当に愛おしく思えた。彼は74歳と老体だが、遅刻や無断欠勤も無く元気に警備員の仕事をこなしてくれ、それだけでなく犬用のウガリ作りや体洗い用のお湯沸かしもほぼ毎日やってくれて本当に良い警備員だ。彼も次の隊員を楽しみにしていて、1年以上前にジャックフルーツの種を庭に植え2~3年後には実がなるので、次の隊員と一緒に食べるんだとその木の成長を見ながらよく話していた。俺が帰ったら彼は職を失う。新しい職を探すのも年齢から考えて厳しいと思う。74歳だと普通に考えれば仕事から解放されて家族に養ってもらっていい年齢だと思うのだが、これがタンザニアの現実なんだろう。今日はBabuにとって本当に酷な話を受け止めてもらったので、4月分の警備員の給料をいつもより上乗せしてあげた。後任者が決まった時点から赴任してくる、そしてまた後任者もBabuを警備員として雇うとほぼ決め付けていた俺にも責任はあるしな・・・・。

誕生日祝い
今日は今月誕生日を迎える俺と林隊員のためにネワラの隊員とタンダヒンバの隊員が永田フィールド調整員の家に集まってくれ盛大にお祝いしてくれた。Chipsy & Mayai3段のケーキを始め、焼き鳥や混ぜご飯などどれも美味かった。おまけに誕生日プレゼントまでもらい本当に有難かったし皆に感謝した。15日にタンザニアで3回目の誕生日を迎えとうとう30歳になった。当初なら30の誕生日は日本で迎える予定だったんだけど全然いいや。20代も振り返れば本当に充実していた。30代も劣らずに充実させていこうと思う。

20080419_001.jpg
永田フィールド調整員宅で

20080419_000.jpg
永田さんが焼いてくれたピザ
美味かった!
南東部クワヘリ
 昨日は同期の内山隊員が今月下旬に帰国するので南東部でクワヘリ(お別れ会)を行った。マサシからムトワラから、ほぼ全てのタンザニア南東部に赴任している隊員が約20名ネワラに集まった。主賓の希望で午後一で地域別にチームを作りバスケットボールをした。皆久々だったらしく楽しんでいた。その後は永田フィールド調整員の家でカントリーロッジで注文した料理を大量に持ち込んで、遅くまで宴会を楽しんだ。

 そして今日の午後、最後にネワラの皆で食事をして内山隊員が任地を去った。彼は同期で同任地で俺にとっては、一番近い隊員だった。互いにもちつもたれつ赴任から2年間、本当に色々世話になった。そんな彼が居なくなるのは寂しいし未だ実感が無いというのが正直なところだ。来週上京する予定で、またその時会えるので帰国までの間、最後まで楽しく過ごそうと思う。

20080308_000.jpg
皆で乾杯

20080308_002.jpg
ご馳走

20080308_001.jpg
主賓と

アメリの活躍

 2週間ほど前から部屋に住み着いたネズミに悩んでいた。多分1~2匹だろう。部屋の明かりを点けた途端、本棚の後ろに隠れるんだ。しかも寝て電気を消すと動き回る物音で何度も睡眠を妨げられた。だから何とかして殺そうと色々試みたんだ。でもウガリに毒を入れて団子の様に丸めて本棚付近においても全然食べないし、大好物のトマトを半分に切って毒をまいても食べなかった。だからネズミじゃなくて実はトカゲか??と思ったくらいだ。でも昨日ムトワラ帰ってきたら部屋中あちこちにネズミの糞が散らばっていた。そして今晩8時頃電気をつけたらあからさまに目撃したので今日こそ何とかしようと決心した。

 本棚の後ろに隠れたけど電気のコードなどを上下させて本棚後ろから追い出した。そして素早く走り回るネズミをアメリも追ってくれた。本当は俺の部屋で仕留めたかったんだけど逃げられた。でも逃げた先は予想できた。暗いところを好むので全く使ってないベット一つ以外何も置いてない部屋に逃げ込んだだろうと思いその部屋に行き電気を点けた。アメリも臭いですぐ嗅ぎ付けた。そうしたら予想通りこの部屋の使ってないベットの上に置かれたスポンジの枕の中からネズミが出てきた。この部屋は本当に隠れるところが無いので、捕らえるには絶好の場所だ。ネズミもアメリに追い回せれて何とかここから逃げようと必死だった、俺は入り口で構えていたのでネズミがこの部屋から逃げようとした瞬間蹴っ飛ばし、また部屋の中に吹っ飛ばした。そこでネズミが怯んだ瞬間アメリがネズミを捕らえ顔を軽く噛み砕きネズミはお陀仏。やったぁ~アメリよくやってくれたよ。こんなにアメリを可愛く思ったのは初めてだ。これで今晩からまたぐっすり眠れるよ。
Kiduni Kuwaheri
 今日の夕方、林隊員とチャリに乗り内山隊員の配属先であるKiduni村のNewala FDCを訪れた。俺と同期の内山隊員は来月末に帰国するので、今日配属先にお別れ会を開いてもらえることになったらしく、よかったらどうだ?誘われたからだ。同じ任地にながらも彼の家は結構離れているので、訪れるのは一昨年の9月以来2回目だ。彼の家に着いたら永田フィールド調整員も来ていた。昼過ぎに配属先からのKuwaheri partyがありそれが終わりひと段落していたところらしい。夜は機材を借りて講堂にディスコを作り皆で踊って飲んで楽しむので、それを待っているといったとこだ。夕食は内山隊員の家で日本のラーメンとご飯、魚の缶詰を4人でご馳走になった。彼は日本から送ってもらった貴重な食材を大事に食べ続け、こうやって俺達にもご馳走してくれた。これは本当に美味かったし彼に感謝した。

 そして色々雑談しながらディスコが開くのを待った。実はディスコの機材のレンタル費や飲み物代は皆が楽しめるようにと内山隊員が全て払って用意してくれたらしい。ここまで出来る人も中々いないだろうし凄いなぁと思った。彼に感謝しながらもディスコとビールを遅くまで楽しみ永田さんはタクシーで帰宅したけど俺と林隊員は彼の家に泊めてもうことになった。11時過ぎには彼の家に戻り、体を洗わせてもらい快適なベットで寝させてもらった。至れり尽くせりだ。蚊も居なくて涼しく本当に快適だった。こんなことなら任期中にももう少し訪れるんだったなぁと少し後悔した。彼は着々と離任する準備を進めている。近いうちには任地を離れそして来月25日にはタンザニアを離れる。まだ実感は無いけど同任地で2年間一緒に過ごしてきた彼が帰国するのは寂しいんだろうなぁと思う。ともあれあとわずかな期間だけど、一緒に飲んだり最後まで楽しい時間を過ごそうと思う。