FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間割作り

 昨日担当学年、担当教科の割り振りが決まったところで今日は時間割決めだ。物理担当の教師、生物&化学担当の教師、スワヒリ語&地学、英語&地学担当教師が今年から居なくなり、教員数は激減した。要するに一クラスずつ全教科通常授業を行えるだけの教師が居ない状況だ。こんな状況なので2クラス合同授業は止むを得なくなりそうだ。去年も何人かの同僚が行っていたけれど2クラス合同授業というのは単純に100名の生徒が1クラスに入ることになる。当然一人一つの机は無く膝の上でノートを取ったり、教室内に教師が巡回できるスペースもなくなる。生徒が椅子を持ち運ぶのに授業開始時間も遅れるし、すぐ騒がしくなるし俺は2クラス合同授業が嫌いだった。教師にとっては2回行わなくてはならない授業を1回に減らせるというメリットがあるので、好んで行う同僚も結構居る。それもわかるし、昨年俺も何度か進捗状況によっては2クラス合同授業を行ったけれど、生徒に目が行き届かなくなるし、騒がしいしやり辛いなという印象しかない。

 でも今年は教員不足でそんなことは言ってられないので、全生徒に授業が行き渡るように俺が時間割作りを買って出た。買って出た一番の目的は、自分の好きな時間帯に担当科目をいれたかったからだけどね。とりあえず最初に入れたい時間帯に自分の科目を入れた。その後は教師、科目がかぶらないように、省庁が定める週の規定ピリオド数を全ての科目で賄えるように割り振っていった。結構これに気を付けながら割り振っていくと、時間がかかった。

 今年は俺の担当はFormIII数学が3クラスとFormIV数学が2クラスの計5クラスなので本来なら5クラス×6ピリオドで週30ピリオドなのだけど、FormIIIの文系2クラスは同時間帯に時間割を組んだので実質24ピリオドだ。今まで週32ピリオドこなしてきたので30ピリオドでもやれないことは無いんだけど、FormIVに力を入れたかったしFormIIIの基礎の基礎もできていない、文系の数学を半分諦めている生徒たちを相手に同じ内容の授業を2回も行うのは俺のモチベーションも低いしストレスになると思ったからだ。2クラスの合同授業のデメリットも考えたけれど、FormIIIの文系クラスに関しては合同授業でいいと割り切った。他の科目はFormIからFormIVまで全て合同授業で同じ時間帯に2クラスずつ入れて時間割を組んだ。Academic masterはこの作成した時間割で全く問題ないと言ってくれた。

 今年は生徒にとっては、ほとんど2クラス合同授業なので、環境は良くないな・・・。でも必要ピリオド数は全て確保したので集中力を切らずに頑張っていってほしいと思う。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanzania.blog26.fc2.com/tb.php/186-e4c8cd28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。