FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Iringa旅行&Ruaha national park
 25~28日にかけてIringaへ旅行に行ってきた。イリンガはダルエスサラームから南西へ約500キロ行ったところにある山に囲まれた標高1700mの街だ。この街に来たのはイリンガから車で2時間程行ったところにあるRuaha national park行くためだ。メンバーは9名と多かった。本当は10名の予定だったんだけど、企画者の金平隊員が出発日前日の突然の風邪でダウンしてしまったため9名になった。彼の友達もこのために日本から来ていたため本当に気の毒だったよ。

 25日には朝9時前に皆でドミトリーを出発し10時半発のバスに乗りイリンガを目指した。イリンガに着いたのは夕方6時。標高が高い分涼しくて快適だった。着いてからは宿にチェックインして街を少し散策した。それからは旅行会社とコンタクトを取り明日からのサファリの日程を詰めた。夕食は皆で宿の食堂でとり翌日からのサファリを楽しみに早めに寝ることにした。

 26日は予定通り朝8時に出発。迎えに来てくれたサファリカーに乗りながらダートを進むこと2時間、Ruaha national parkに着いた。木々に囲まれながらも広大な国立公園だった。昼食前に公園内を回ろうか迷ったけど、食べてからにしようということで昼食までロッジでくつろぐことにした。俺以外は皆初の国立公園だったみたいで、皆はしゃいでいたよ。だから俺は皆の新鮮な反応を見て楽しんだ。さすがのサファリカーも9名は1台に乗れないので5、4で別れることにした。キリンやカバ、シマウマ、インパラなどを間近で見れて皆とても喜んでいた。でも楽しみにしていたライオンはちらっとしか見れなくてこれが残念だった・・・。夕方までサファリを楽しんでからはロッジの豪華な夕食。本当に美味かったし皆大満足だ。気温も涼しくて快適で、水シャワーしかなくて寒かったけれど心地良く眠れた。

 翌27日はライオンを期待しながら早起きをして公園内を回ったけれどライオンは見れなかった。ガイドの見解では雨季に入りあちこちに水場が出来てしまったため動物が散ってしまったらしい・・・。乾季なら水場が少ないため動物がそこに集中して見易いとか。俺は雨季の方が草が茂り草食動物の餌が豊富で動物が見易いと思っていたんだけどね・・・。ライオンは残念だったけれど皆初の国立公園に満足したようだった。昼過ぎにはイリンガの街に戻り2日間お世話になったガイドに別れをつげ、遅い昼食をとった。昼食中に思いもよらなかった土砂降り・・・。昼食後、街を一望できるGangilongaという岩山に登ろうと思っていたので雨は本当に嫌だった。何とか小降りになったけれど滑る岩山は危険だということで、皆買い物で済ますことにしたみたいだ。でも俺と渡辺隊員だけは、諦め切れずせめて岩山の麓だけでも行ってみようということで、2人でタクシーに乗りガンギロンガまで移動した。幸い着いたときには雨も止み滑りそうだったし2人ともサンダルだったけれど注意しながら行こう、ということでガンギロンガに登った。細心注意を払いながら何とか上まで登ったよ。眺めも予想通り良かったので、断念しなくて良かったなぁと思った。夕食は皆でトンカツが食べれる店にいったんだけど生憎ポークが無かったためチキンカツで妥協した。でもこれも美味かったんだけどね。皆でイリンガ最後の夜を楽しんだ。

 28日は有志で6時半に宿を出て、プチグランドキャニオンと呼ばれるイシミライ遺跡へ向かった。ここは結構遠くてイリンガ市街からタクシーで30分もかかるんだ。タクシーに運転手含めて7人乗り。ちょっと無茶だったけれど浸食されずに残った大地が本当にグランドキャニオンのようで素晴らしかった。早起きして来た甲斐があった。1時間程ここをハイキングしながらまわりイリンガ市街に戻りその後は朝からバスの旅・・・。ダルエスサラームに着いたのは夜の7時。快適なバスだったけれどバスでの長距離移動は疲れた・・・。ドミトリーに戻ったときは金平隊員も元気になっていて、彼と今回一緒に旅した日本から来た彼の友達と一緒に夕食を食べに行った。金平隊員は行けなかったけれど、友達がとても今回のサファリを楽しんだというのを聞いて嬉しそうだった。俺は任期中に国立公園を回るのは今回が最後になったつもりだけど、皆が楽しんでくれた分、自分も大いに楽しめたよ。

tanzania_pol_2003.jpg
イリンガ

DSCF0061.jpg
夕暮れのイリンガ

DSCF0085.jpg
Ruaha national parkのSunset lodge

DSCF0097.jpg
National parkの看板

DSCF0124.jpg
サファリの風景1

DSCF0126.jpg
サファリの風景2

DSCF0143.jpg
サファリの風景3

DSCF0145.jpg
広大な国立公園

DSCF0181.jpg
カバを発見

DSCF0183.jpg
インパラ

DSCF0202.jpg
道を横切るキリン

DSCF0205.jpg
サファリ風景4

DSCF0226.jpg
カバの群れ

DSCF0247.jpg
ロッジで皆で

DSCF0274.jpg
ガンギロンガの岩山

DSCF0272.jpg
岩山登り中

DSCF0263.jpg
ガンギロンガの頂上で

DSCF0266.jpg
ガンギロンガから見渡した町並み

DSCF0276.jpg
宿泊した宿から眺めたイリンガの町並み

DSCF0286.jpg
イシミライ遺跡の風景
日本の夏の北海道のようだ。

DSCF0297.jpg
プチグランドキャニオン1

DSCF0300.jpg
プチグランドキャニオン2


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanzania.blog26.fc2.com/tb.php/180-89f4dd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)