FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



初めて葬儀に参列した
同僚教師の弟が亡くなったので、夕方葬儀に参列した。タンザニアの葬儀に参列したのは初めてだ。牧師がお経のようなものを読上げ、その後棺を予め掘ってあった穴まで運び埋葬する前にまたお経を読上げその後皆で土を被せた。結構大きい穴で1立方メートル以上はあった。なので皆でスコップを交代で回し土を被せていった。どうやら土を被せてあげることが、お悔やみ申すのと同じような意味らしい。淡々と進み日本の葬儀と比べるとシンプルな葬儀だった。その後はその教師の家に戻り、皆でウガリを頂き葬儀は終了した。亡くなった方は一度も会ったことも話で聞いたことも無かった人なので特に悲しさは無かった。

 自分の知人では居ないが、誰々が亡くなったと日本に居たときより本当によく聞く。若い年代20~40代で亡くなる人はエイズがほとんどみたいだ。医療の水準は日本より格段に低い。設備だけでなく看護士など治療に携わる人の知識も低いらしい・・・。永田フィールド調整員や中村隊員はいつも頭を悩ませている。JICA事務所からも、もしものときに駆け込む病院は指定されているくらいだ。ともあれ日本の病院なら助かる命も沢山あると思う。でもこればかりは今はどうしようも無いんだろうな・・・。これが多死⇒多産に繋るんだろうと思う。負のスパイラルとは言わないけど医療水準が上がるまで続くんだろうな・・・。

 すっかり慣れた任地での生活だが、病気と怪我だけは気をつけないといけないと改めて思う。あとは活動中に知人の死には直面したくないと強く思うよ。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tanzania.blog26.fc2.com/tb.php/106-dfa90688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)