FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

02 ≪│2012/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島最終日
 旅の最終日である今日もゆっくりと出発の準備をして9時半にチェックアウトした。18時発の飛行機なので時間はまだたっぷりあった。宮之浦を離れたら、店が本当に疎らになるので、土産物店で土産などの買い物をして屋久島に着いた日にスルーした滝などを観光した。今日も生憎の雨・・・。でもここは絶対行こうと決めていた場所があったのでそこに向かった。そこはキャノッピというターザンなど森のアトラクションを楽しめる所らしくモッチョム岳の麓にある。

 少し道に迷ったが、何とかキャノッピに到着。小雨は相変わらず降り続いていたが、ターザンをしようと思って店に入ったら今日は16時からじゃないとできないと言われた・・・。でもターザンの代わりになるキャノピーウォークというアトラクションをすることにした。キャノピーウォークというのは、安全ロープを付けながら高さ10m前後に作られた板の道を歩いて森を散策するというアトラクションだ。スリルもあり中々楽しかったよ。

 その後は付近の喫茶店で昼食をとり、植物園などを観光して17時過ぎにはレンタカーを返却し17時半前には屋久島空港に着いた。今回は屋久島の山の自然を思いっきり堪能した!もっと暖かい季節なら山に加え、海や川も楽しめそうだ。山以外の楽しみも求めて、またいつか屋久島に遊びにきたいと思う。


20120308_001.jpg
3泊お世話になった宿の部屋


20120308_000.jpg
部屋から見える宮之浦川


地図4
今日のルート


20120308_004.jpg
安房港にあった石碑


20120308_003.jpg
閑散とした安房港


20120308_005.jpg
トローキの滝の看板


20120308_006.jpg
滝を見られる場所へと続く道


20120311_003.jpg
トローキの滝


20120308_007.jpg
千尋の滝・・・"せんぴろ"と読む


20120308_008.jpg
キャノピーウォーク入り口店


20120308_016.jpg
店の中


20120308_017.jpg
キャノピーウォークの出発点


20120308_009.jpg
この板を歩き森を散策する


20120308_011.jpg
通り道


20120308_012.jpg
注意書き


20120308_015.jpg
展望台へと続く道


20120308_013.jpg
展望台から見たモッチョム岳


20120308_014.jpg
願いを叫べと書いてあったので叫んでみる


20120308_010.jpg
通ってきた道


20120308_020.jpg
ガラガラだった植物リサーチパーク


20120308_019.jpg
公園内に咲いていたまだ早いハイビスカス


20120308_022.jpg
レンタカー返却所


20120308_023.jpg
屋久島空港の目の前にある


20120308_024.jpg
屋久島空港


20120308_025.jpg
帰りの飛行機


20120308_026.jpg
帰りは空いていた飛行機


20120308_027.jpg
さようなら屋久島


スポンサーサイト
もののけ姫のモチーフと言われる苔蒸すの森をトレッキング
 昨日と違い、今日は8時に宿の朝食をご馳走になり、それから部屋でくつろいだ。天気予報によると今日は終日雨・・・。起きた時から既に雨が降っていた。外に出たくないなぁ~という気持ちが先行して、出発の準備も中々気が進まなかった。このまま今日は1日部屋で寝てようか・・・と思ったけれど、旅程に限りがある以上それではやはり勿体ないので、トレッキングに行くことにした。出発したのは10時。目的地は白谷雲水峡という、もののけ姫のモチーフになったと言われている森だ。宿泊した宿からは比較的近く10キロほど内陸に進んだところにある。只10キロだけれでも、ぐねぐねとした山道を行くので車で30分程かかった。

 白谷雲水峡の入り口に着いたら、付近には降りしきる雨の中、同じように雨具を身にまといトレッキングを楽しむ人が結構いた。皆考えていることは一緒なんだなぁ。このトレッキングは川を渡る箇所がいくつあり、増水していたら、先には行かず引き返してください、と入り口で注意された。雨装備をきちんとしたので、濡れることもなく昨日と同様に十分楽しめたよ。トレッキングの目的地は苔蒸すの森を抜けた先にある太鼓岩という見晴らしの良い展望台。今日は太鼓岩に行っても景色はほとんど無いよ、と入り口で言われたけれど、せっかくなのでここを目指すことにした。

 苔蒸すの森は奥深い緑色をしていて独特の雰囲気があった。雨がいっそうその雰囲気を醸し出しているような感じがしたよ。森を抜けてからは、急な坂道を登り太鼓岩に到着。太鼓という名前の由来は、この岩は大きな花崗岩でできており、空気を含んで冷え固まった箇所があってそこを叩くと太鼓のような音がするかららしい・・・と、ほぼ同時に太鼓岩に到着したグループのガイドが、登山者に説明している声が聞こえてきた。ガイドブックにも載ってないような豆知識を色々と教えてもらえるのは、ガイドに案内してもらえる大きなメリットの1つだなぁと思った。この天気では景色は期待できないと言われていた太鼓岩でも幸い霧が晴れていて、最高の眺めだったなぁ~。絶景を等分するような安房川が印象的だった。15分位この絶景に見入ってしまったよ。

 上級コースとの分岐点まで来たので、少し迷ったけれど行けるところまで行ってみることにした。上級コースは増水していて、道も分からなくなっているだろうから今日は行かないで下さい、と入り口で注意されたから少し迷ったんだ。本当に危険だったら戻ればいいと勝手に判断して進んだ。増水は大したこと無かったけれど、道はどれが正規の登山ルートか分からなくなっていたので、これは確かに進んだらロストするな・・・と思い、やっぱり大人しく戻ることにした。戻る途中に弥生杉という大きな杉を見てから入り口ゲートに戻った。

 雨の中4時間程のトレッキングを満喫したら、防水の登山靴を用意していったのに靴下は濡れてしまったよ。 
16時前には宿に戻り岩風呂で温まり、夕食後も部屋でゆっくりくつろいだ。明日は屋久島最終日、18時の飛行機で屋久島を発つので、車で行けるところを幾つか観光しようと思う。

地図3
今日のルート


20120307_024.jpg
白谷雲水峡


20120307_021.jpg
白谷雲水峡入り口


20120307_022.jpg
雲水峡入り口付近の白谷川


20120307_000.jpg
雨の降る中トレッキング開始


20120307_001.jpg
二代杉


20120307_002.jpg
森の中へと続く階段


20120307_003.jpg
さつき吊り橋


20120307_004.jpg
橋の上から


20120307_005.jpg
折れた幹から何本も生えた新しい杉


20120307_007.jpg
トンネルになったくぐり杉


20120307_016.jpg
案内板


20120311_000.jpg
七本杉


20120307_006.jpg
苔蒸すの森へ続く急な坂道


20120307_008.jpg
急な山道


20120307_009.jpg
それらしくなってきた!


20120307_011.jpg
木霊が出てきそう!


20120307_012.jpg
近くで見た苔


20120307_019.jpg
石に張り付く苔


20120307_015.jpg
森の中で


20120307_014.jpg
ここから太鼓岩を目指す


20120307_013.jpg
太鼓岩へ続く急な上り坂


CIMG0318.jpg
太鼓岩


CIMG0312.jpg
太鼓岩からの絶景①


CIMG0313.jpg
太鼓岩からの絶景②


CIMG0316.jpg
太鼓岩で


CIMG0317.jpg
太鼓岩から見える立ち枯れした杉


20120307_017.jpg
二代くぐり杉


20120307_018.jpg
杉の中から


20120307_020.jpg
弥生杉へと続く階段


20120311_001.jpg
雲水峡で最も有名な弥生杉


20120307_023.jpg
雲水峡案内板


トレッキングで縄文杉へ
 朝4時20分に携帯のアラームで目を覚ます。そう、今日は旅の一番の目的である屋久島のシンボル、縄文杉往復トレッキング!トレッキングを開始する荒川登山口までのアクセスがちょっと面倒で、12月~2月を除いて一般カーでのアクセスが環境を守るために規制されている。なので屋久杉自然館という所まで車かバスで行き、そこの駐車場に車を停めて荒川登山バスというバスに乗り換えて、40分ほどそのバスに揺られないと登山口に着けないんだ。このバスは早朝の4時半頃~6時まで、30分に一本の割合で出ている。なぜこんなに朝早いかは、このトレッキングは往復で22キロほどあり、所要時間が8~10時間かかるからだ。

 出発の準備を整えて、4時40分に宿を出た。泊まった宿がとても良心的で、昨晩に明日の予定を伝えたら朝食の代わりに弁当を用意して玄関に置いといてくれたんだ。すごく有難かったよ。そこからまだ真っ暗な道を走ること30分、特に迷うこともなく屋久杉自然館に到着。5時10分過ぎにはバスに乗り込んだ。もう既に何人か乗車していた。5時半になる頃には満席になっていた。そして丁度5時半に出発!真っ暗だったので、どんな道を走っているか分からず、40分間ひたすら揺られ続け、少し酔ってしまった・・・。

 登山口についてトイレを済まし、6時半前に小雨が降る中トレッキング開始!まだ暗かったがライトは点けなくても何とかいけそうだ。縄文杉トレッキングはガイドに案内してもらいながら行くのが一般的らしく、周りにはガイド+4~5人のグループが結構いた。でも俺は自分のペースで好き勝手に楽しみたかったので、ガイドはお願いせず、1人でトレッキングを楽しんだ。

 屋久島の自然を全身で感じながらのトレッキングは、雨もすぐに止み、杉のことは良く分からないけれどとても楽しかったよ。森の景色を満喫しながら快調に進み10時前には縄文杉に到着!樹齢2400年~7200年と言われている縄文杉は本当にでかく、迫力があった。縄文杉の迫力に圧倒された後は、この近くの高塚小屋というところで早い昼食をとり、ゆっくりと元の登山口に戻り始めた。帰りのバスは14時が始発なので、これにギリギリ間に合う位のゆとりあるペースで。登ってくる登山者と挨拶を交わしながら、景色や写真を楽しみ、ゆったりと下山を楽しんだ。さすがに後半は疲れたけど、久々の運動は心地良かったなぁ。明日は確実に筋肉痛だな・・・。

 14時のバスに乗り、車が停めてある自然観まで下った。それから宿に向かい16時前には宿についた。部屋で少しくつろいだ後、宿の岩風呂で疲れを癒し18時からの早い夕食を腹いっぱいご馳走になった。すごく充実してゆったりと過ごせた1日だった。明日は白谷雲水峡というもののけ姫のモデルなった森をトレッキングを楽しむ予定!


地図2
今日走ったルート


20120306_000.jpg
朝6時過ぎに着いた荒川登山口


20120310_000.jpg
薄暗い中、トレッキングスタート!


CIMG0084.jpg
暫くはトロッコ軌道のレール上を行く


20120310_001.jpg
トンネル


20120310_002.jpg
夜明け


20120310_003.jpg
登山道からの眺め①


120310_172428.jpg
黙々と歩く


120310_172440.jpg
スリル満点の橋


120310_172439.jpg
トロッコの接近を知らせる鐘


120310_1724401.jpg
登山道で


IMAGE0000.jpg
橋の上を行く


120306_130747.jpg
小杉谷小中学校跡の看板


120310_1724391.jpg
学校跡


20120306_0006.jpg
給水場所・・・登山道のところどころで美味しい天然水を給水できるようになっている


20120306_0005.jpg
トレッキングの中間地点


120310_172437.jpg
まだまだ続くトロッコ軌道


20120306_0004.jpg
本格的な登山道入り口付近


20120306_0002.jpg
トレッキングの注意書き


120310_172429.jpg
ここからが本格登山の始まり!


120310_172435.jpg
急な登り


120310_1724360.jpg
急な階段


120310_172433.jpg
メデューサの木


120310_172436.jpg
ドラゴン杉


120306_082850.jpg
ウィルソン株の標識


120306_112408.jpg
ウィルソン株


120310_172430.jpg
株の中から


120310_172431.jpg
ウィルソン株で


IMAGE0001.jpg
扇杉


20120310_0000.jpg
この階段を登れば縄文杉


120306_094341.jpg
縄文杉の標識


120306_094237.jpg
屋久島のシンボル縄文杉


120310_172434.jpg
縄文杉で


120310_1724350.jpg
昼食を食べた高塚小屋


20120306_0000.jpg
下山中に見かけた屋久シカ


20120306_0001.jpg
恐竜の顔


20120306_0007.jpg
帰り道


120310_1724410.jpg
トレッキングを終えて


120310_1724430.jpg
屋久杉自然館⇔荒川登山口を往復するバス


IMAGE0002.jpg
登山口から下るバスから


120310_1724420.jpg
屋久杉自然館


IMAGE0003.jpg
昨日に続き美味かった宿の夕食
屋久島旅行
 3月になりたっぷり時間ができたので、普段中々行けないところに行って、1ヶ月の休みを楽しむことにした。一昨日から昨日にかけては、浜松の大学の先輩夫婦の家に観光がてらに遊びに行き、浜松の温泉や美味しい料理屋につれ行ってもらい、沢山ご馳走になり、久々の再開を楽しんだ。3歳になる子供もおり、無邪気で可愛かったなぁ。

 そして昨晩は新橋のカプセルホテル泊をし、今朝は5時に起きて羽田空港に向かった。6時半発の飛行機で鹿児島経由で屋久島へ旅行に行くからだ!6時前には空港に着いたんだけれど、鹿児島行きの飛行機が条件付きで、鹿児島空港が濃霧のため福岡空港着又はリターンという表示がされていた。マジかよ~さすが年間400日雨が降ると言われている屋久島・・・まぁでも、もし仮に福岡空港に行き先が変更になったとしても、今日中に屋久島に着ければいいやと気軽に考えることにした。

 結局飛行機は、鹿児島上空で少し待機したけれど、無事に30分遅れ位で着陸し、直ぐに屋久島空港行の飛行機に乗り換えた。これも条件付きでリターンという可能性があったけれど、無事に屋久島空港に着陸してくれた。この飛行機がリターンじゃなくて良かったよ。というのは、わずか30分程の飛行時間なんだけれど、小さなプロペラ機で少し酔ってしまったから・・・鹿児島に引き返していたら、ヤバかったな。

 空港に着いてからはレンタカー会社が迎えにきてくれており、バンに乗り込んで一瞬で事務所に到着。だって事務所は屋久島空港の目の前で、徒歩でも3分足らず位のところだったからね。レンタカーの手続きを済ませ早速出発。カーナビは付いていなかった。基本的に島の道は単純明快に走っていて、島の周上に沿った1周110キロ程の道があり、山や滝を観光するならちょっと内陸に入るという位なので、ナビがなんか使用するまでもないということなんだろう。でも初めは不便に感じた。初めての道を車で運転するとき普段どれだけナビに頼っていたかを再認識したよ。とりあえず直観的に空港から時計回りに走ることにした。

 走っていれば商店街などに出るだろうと思って走っていたんだけれど、全然そんな気配は無く、むしろどんどん建物自体もほとんど見られなくなっていった。道が単調すぎたのと、昨晩カプセルホテルでほとんど眠れなかったということもあり、眠くて対抗車線にはみ出しそうになったので、車を駐車スペースがある程度あるところで停めて2時間ほど車内で昼寝をすることにした。ぐっすり眠ったなぁ~。

 昼寝ですっきりした後、14時からまた運転再開。大迫力の大川の滝を見た後は西の林道に入り、屋久シカや屋久ザルを何匹も見ることができて、走りにくい道だったけれど全然楽しかった。その後は小雨の中、屋久島灯台なども観光し、空港から時計周りに1周の9割程走ったところで宮之浦という屋久島で一番大きい街に着いた。(空港から半時計周りに走れば10分位で着いていた。)宮之浦港の近くにある屋久島観光センターという島で一番大きなお土産売り場にちょっと寄ってから、宮之浦の街中の宮之浦川沿いにある、やくすぎ荘という今日から3泊お世話になる宿に、早々チェックインした。

 チェックインしてからは24時間入れるという、この宿の岩風呂でくつろいで、美味しすぎたボリューム満点の夕食。特に飛魚のから揚げは初めて食べたので感激した。夕食後に明日の天気をチェックすると、昼前には雨が止むという予報だったので、縄文杉のトレッキングに行こうと決めた。トレッキングの登山口までのバスの往復チケットは今日の夕方に寄った観光センターで購入しておいた。明日は朝4時20分起き!いやぁ楽しみだ。
 


CIMG0015.jpg
羽田⇒鹿児島


CIMG0018.jpg
屋久島空港行のプロペラ機


CIMG0021.jpg
鹿児島⇒屋久島


CIMG0026.jpg
屋久島空港


地図1
今日走ったルート


CIMG0030.jpg
車内で2時間昼寝をした場所


CIMG0039.jpg
大川の滝


CIMG0038.jpg
滝に近寄ってみる


CIMG0050.jpg
西の林道で見かけた屋久ザル


CIMG0051.jpg
林道で見かけた屋久シカ①


CIMG0052.jpg
林道で見かけた屋久シカ②


CIMG0057.jpg
屋久島灯台


CIMG0067.jpg
灯台からの景色


CIMG0078.jpg
3連泊お世話になったやくすぎ荘


CIMG0079.jpg
とても美味しかったやくすぎ荘の夕食、メインは飛魚のから揚げ


[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。