FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



帰国して丁度1年
 今日6月15日で日本に帰国して1年が経った。早いよなぁ~・・・。正確には一年前の今は時差が6時間だということを考慮すると、14日の夕方7時過ぎで飛行機の窓から差し込む西日を思いっきり浴びながらDOHA空港に向かって飛んでいたときか・・・。無事に帰国できる喜びよりも、タンザニアでの思い出を振り返りながら溢れてくる感情をぐっと抑えていた方が大きかったな。

 帰国してこの一年、辛いことや嬉しいことなど色々あったけれど、タンザニアで過していたとき程は伸び伸びとやれなかった。どうしても自分を抑えてしまったり(好き勝手もしてしまったこともあったけれど・・・)、当たり前だけど責任がついてまわったからなのかもしれない。要するに窮屈に感じてしまうんだ。これが結果を求められない全て裁量任せのボランティアと結果を求められる仕事の違いなんだろうと思う・・。

 まだ働いている塾で与えられる責任も大した大きさでは無いのに、やってやる!と思うより先にマイナスなことをイメージしてしまう・・・。これを克服しない限り日本での生活はずっと何かしら窮屈に感じてしまうんだろうな・・・。この窮屈さからか、目の前に生徒が何人も居るのに、タンザニアの経験を全然語れてないんだ・・・。それじゃつまんないもんなぁ~自分に与えられた責任を完全に果たし与えられる責任を楽しめる人間なっていきたい。もちろん仕事だけではなく自分の普段の言動についても。

 塾で働く以上責任は預かっている生徒の成績を上げること、志望校に合格させること、この2つなんだ。正直今までやる気の無い生徒、どうしようもなく理解力が乏しい生徒は本人達が変わらない限りしょうがないよな・・・と思っていた。あまり関わりたくないと思っていた・・・。でも自分を変えるためにも、これからは徹底的にこういう生徒に向き合っていこうと思う。やる気が無いなら、やる気を持たせる工夫をする、その生徒と話す。理解力の乏しい生徒には、分かってくれるまで補講をする、宿題も妥協させない。そしていつも言われていることだけど良い意味での厳しさをもって生徒と接する。

 こういうこと実行していくことによって、自己中では無い本当に思いやりのある人間になれるのかなぁと考えている。予想以上に大変だと思うけれど頑張ってやっていくよ。そして塾での責任を果たせたと自分で思えるようになったら、タンザニアでの経験を堂々と生徒に語れるようになったら学校の教員を目指そうと思う。生徒指導にも目を向けて行きたいんだ。塾はあくまで人生の中で通過点の一つだということを自分に言い聞かせるためにも、大学のとき取り損ねた教員免許は今年度取得しようと思う。
スポンサーサイト