FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ティーけ到着&Serengeti national park
1日の夕方、ドキドキしながら待つこと一時間、午後3時半にティーけがダルエス空港のゲートから出てきた。2年半振りの再会!でもそんな長い間会ってなかった気がしなかった。メール等でやりとりしていたからだろう。ともあれここまで遥々来てくれたことが嬉しかった!しかも彼はただでさえ荷物が多いのに、日本の友人から俺へのお届け物を募り沢山のお届け物を持ってきてくれたからね~。これには感激したし、本当にみんなに感謝した。

 この日はまずドミトリーに移動し荷造りをし直して、今夜泊まるダルエス市街の宿Sophia houseに移動しチェックインを済ませた。そして夕食は中華!美味い中華料理とティーけが来る前から飲むのを楽しみにしていたキリマンジャロビールを鱈腹堪能し積もる話で盛り上がったよ。

 翌日は5時に起きた。そう今日からSafari(旅行)で7時半発の飛行機でダルエスを発つので早起きをしなければならなかったんだ。ホテルの従業員も寝起きの中、慌ただしく出発。6時に空港に到着し搭乗手続きをすませた。ボーっとしながら搭乗を待った。ハイシーズンにもかかわらず、さすがにこの時間の飛行機はガラガラだったよ。キリマンジャロ空港に近づくにつれ、雲の上に抜け出たキリマンジャロ山が見えてきた。俺たちは興奮して、飛行機の窓から見えるキリマンジャロを撮りまくったからね。

 9時にはキリマンジャロ空港に降り立ち、今回の国立公園を巡るドライバー件ガイドのDonaldと会い、早速セレンゲティー国立公園を目指して出発した。でかい四区のランドクルーザーに乗客は俺たちだけだったから広々使えて快適だった。タンザニア第3の都市Arushaを抜け快調にひた走り、エチオピアからボツワナまで続くグレートリフトバレーを越えNgorongoro concervation areaに到着。ここで保護区内に入る手続きを済ませ、ひたすらセレンゲティーを目指した。ここまでの景色は広大なアフリカを感じるには十分過ぎるほど雄大でティーけはもちろん、俺もタンザニアの広さに改めて感動していた。

 そしてひた走ること、6時間350キロでセレンゲティーのゲートに到着!ここセレンゲティーは現地のマサイ語で果てしなく続く大地という意味らしい。埼玉、東京、神奈川、千葉の総面積より広いらしいからね。セレンゲティーはタンザニアで最も人気のある国立公園の一つで、外国人観光客で溢れているし、俺たち隊員もほとんどが任期中に1度は訪れたいと思う場所だ。

 公園内は本当に見渡す限り地平線だった。これにも俺たちはただただ見惚れるだけだった。夕方5時半にこの公園の中心部にあるセロネラワイルドライフロッジに到着。この日の宿泊場所だ。大平原の中にあるのが不思議なくらい立派なロッジで電気はもちろん、お湯シャワーまで完備してあった。展望台からの眺めも最高で、夕食も豪華なビュッフェでセレンゲティービールで乾杯し至れりつくせりの贅沢だった。

 翌日は公園内に生息する動物を巡ってゲームドライブ。ライオンを始めバッファロー、ジャッカル、インパラ、そして豹まで色んな動物を見ることができた。ドライバーのダック(俺たちが付けたあだ名)がどんなに遠くの居ても動物を見つけてくれるんだ。本当に彼の視力を疑いたくなった。さすがこの仕事10年のベテランは違う。俺たちの空返事に彼も少々イライラしている面もあったけど・・・。だって見えないんだからしょうがないよな~。そしてこの日はケニアとの国境付近まで北上しロボワイルドライフロッジで宿泊。ここも昨日に引き続き立派なロッジだった。

 ここで偶然にも亀岡隊員と濱崎隊員、中村隊員と彼らのご家族と合流した。今は視察の旅というので何人かの隊員のご家族がタンザニアに来られているんだ。この晩は皆で夕食を楽しんだ。セレンゲティーはこのスケールに驚かされるけど、動物との遭遇率は正直低いと思った。まぁそれだけ広いということだろう。明日は朝一でセレンゲティーを発ちンゴロンゴロを目指すよ。

DSCN8363.jpg
ティーけ到着

DSCN8372.jpg
飛行機の中から見えたキリマンジャロ

DSCN8391.jpg
セレンゲティーに向かってひた走る

DSCN8395.jpg
見えてきたグレートリフトバレー

DSCN8399.jpg
Ngorongoro conservation area入り口

DSCN8411.jpg
Ngorongoro craterの前で

DSCN8422.jpg
Serengeti national park入り口

DSCN8431.jpg
公園の中の風景
一面地平線だ。

DSCN8455.jpg
大平原の中をひた走る

DSCN8475.jpg
Seronela wildlife lodge
立派なロッジで快適だった。

DSCN8479.jpg
ロッジの展望台で

DSCN8490.jpg
贅沢なロッジのビュッフェ

DSCN8512.jpg
ライオンの親子

DSCN8529.jpg
バッファローの群れ

DSCN8532.jpg
サファリの風景

DSCN8545.jpg
Safari carの下でくつろぐライオン

DSCN8564.jpg
豹と生贄になったインパラ

DSCN8611.jpg
Lobo wildlife lodgeの前で

DSCN8620.jpg
ロッジの展望台

DSCN8623.jpg
展望台に集まってきたヒヒ

DSCN8626.jpg
展望台から見えるサバンナ


スポンサーサイト