FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Kilimanjaro
 18日~23日にかけてキリマンジャロ登山に行ってきた。
メンバーは同任地の内山隊員、ナチングウェアの照沼隊員、ルクレディーの新妻隊員の4人だ。昨年の12月に多くの隊員が登頂にチャレンジしたけど、登頂成功者0だったので、俺はそれなら天候の不安が低いこの時期に登るしかない思ってみんなを誘ったんだ。キリマンジャロは高山病と天候の運によるため登頂成功率は平均で5割以下らしい。

 キリマンジャロは日本では馴染みが薄いかもしれないけど、アフリカ最高峰の山で場所はタンザニアとケニアの国境にあるんだ。俺もタンザニアに行くことになるまで知らなかった。でもここに来ると分かって以来、1度はチャレンジしたいとずっと思っていた。

 登山ルートは大きく分けて6つあるうちのMarangu Routeを選んだ。これは、初心者向けのルートでキャンプ地には、ハットと水道もあるんだ。このルートの簡単な行程を言うと
1日目 Marangu gate 1700M → Mandara huts 2700M
2日目 Mandara huts → Horombo huts 3720M
3日目 Horombo huts → Zebra rock 3881M → Horombo huts 高度順応日
4日目 Horombo huts → Kibo huts 4703M
5日目 Kibo huts → Uhuru peak 5895M → Horombo huts 3720M
6日目 Horombo huts → Marangu gate
という日程だ。人によっては3日目の高度順応日を省くことも可能だ。
キリマンジャロ登山は個人だけで登ることは認められていなく、必ずガイドを同伴しなくてはならないんだ。そしてこれは義務じゃないけれど、ほとんどの場合、登山中の料理を準備してくれるコックとウエイター、登山者の荷物を運んでくれるポーターも同伴することになる。俺たちも当然頼んだ。結果的に俺たち4人に対してポーター5人、コック1人、ウエイター2人、ガイド2人付くことになった。

 でも14人一緒に登るわけではなく、付きっ切りなのはガイドだけなので6人パーティーみたいなもんだ。ポーターは重い荷物持ってるくせにすごい速さで登っていってしまう。恐るべき体力だよ・・・。

 はっきり言って4日目の高度4700Mのキボハットに達するまでは、簡単なハイキングみたいな感じで疲れとかもそんなに無かった。照沼隊員なんか、水もソーラー電気もあるし、高度3700Mのホロンボハットの方が任地より快適だとか言っていたからね。さすが頼もしい過酷環境下の南東部隊員だ。でも俺は2日目のホロンボハットまでは、サングラスをつけずに登っていたので、2日目の夜は目が痛くてあまり眠れなかったんだけどね。3700Mまでくると雲の上に出てくるので陽射しも強い!3日以降はちゃんとつけるようにした。

 でもやっぱり4000Mを超えてくるとこれまでと環境がガラリと変わる。陽射しは強いけど風は物凄く冷たい。普通に歩くだけで息が切れてくる。こんな状況なのにキボハットに着く直前、俺と照沼隊員、新妻隊員が寒さもあったためノンストップで早歩きで登っていたので、着いた時には3人ともグテッと座り込んでしまった・・。俺たち3人とも、2人はなんで余裕なんだ?俺1人だけ休むわけにはいかないなと思っていたらしい・・・。馬鹿だよな~。賢い内山隊員は服を足してマイペースでキボハットに登ってきたよ。

 そして登頂アタックの直前の夕方、俺と照沼隊員は頭痛で苦しんでいた。高山病症状の1つだ。ガイドからは頭を冷やさないように、ニット坊をかぶれそして水分を沢山取れと言われた。そして言われたとおりにしたら、少しだけ楽になったような気がした。食欲も全くない。でも無理やりに押し込んだ。そして早い夕食を終えて、仮眠を取った。そう、5日目の最終アタックは日替わりの夜中0時に歩き始めるんだ。俺は6時にベットに入ったのに、頭痛と寒さで眠れなくて+水分沢山取ったためトイレにも3回行った。結局23時に起きるまで一睡もできなかった。このときは正直登頂は無理かもなぁ・・・と思ってしまった。

 でもここまで来たら、気持ちの問題だ。頭痛はあるものの、全然歩けるからだ。23時に紅茶を飲んでから24時過ぎにキボハットを出発して1つの到達目標点とされるギルマンズポイント5681Mを目指した。ガイドに俺たちの前後を挟まれてヘッドライトと星明りを頼りにゆっくりとジグザグに長い急なスロープを登っていく。今まで沢山休憩をくれたガイドも今は体を冷やすといけないとか言って全然休憩をくれない・・・。このアタックは本当に辛かった。体内に酸素が不足しているのが感覚で分かる。足を1歩出すのが物凄く億劫になるんだ。俺は今までガイドに休憩しようと自分から頼んだことはなかったけれど今回ばかりは何回も5分休憩しようとガイドに頼んだよ。ガイドのあとギルマンズまで30分だ、15分だという声も信じられなくなっていた。永遠に着かないんじゃないかと思った・・・。

 こんな感じで苦しみながら登り始めて5時間、ギルマンズポイントに何とか到達。まだ辺りは真っ暗でなんも見えないけど、とりあえず安堵感で満たされた感じだ。そして俺はまだ行けるか!?と自分に問いただしてみる。まだ体力も残っているし、意識もはっきりしている!仲間達も同じような感じだ。最高地点のウフルピークに行こうとガイドを急かした。あとは噴火口沿いを歩いて一番高い所を目指すだけ!

 事前に読んだ地球の歩き方によると、ここから最高地点までは、1キロほどらしい。だからすぐ着くだろうと思っていた。でもガイドがウフルピークはあそこだと指差した方向は、到達する気が失せるくらい遠かった・・・。一気に力が抜けたよ。でもスローモーでも歩き続けて目指した。ガイドが朝日が昇ってきたぞと写真を撮ることを勧めてくれたけれど、そんな気力の余裕は無かった。最高地点を目指すだけで精一杯だった。

 休み休みながらも足を止めずにギルマンズポイントから進むこと2時間、とうとう5895Mの最高地点ウフルピークに到達した。既に照沼隊員と新妻隊員は到達していた。その後内山隊員もガイドに支えられながら、到達。俺たちは4人皆登頂することができた。お互い抱き合って喜びここからの眺めを目に焼き付けた。見渡す一面は氷河と雲海。最高の景色と共に達成感も湧いてきて理屈抜きで感激した。そしてここで皆でキリマンジャロビールで乾杯した。1口、2口しか飲めなかったけれど、上手かったなぁ!スワヒリ語でUhuru=Freedomという意味なので日本語訳でここは自由の頂とでもいうのかなぁ~名前もかっこいいけれど、この場所がとてもかっこよく思えた。

 その後の下山は眠気と疲れでボロボロ・・・内山隊員は高山病にやられ、2人のガイドに支えられながらの下山、俺もポーターに途中両脇支えてもらう程だった・・・。そして何とか辿り着いたバラフという別ルートのアタックポイントで休憩して、その後もひたすら歩き続けて、夕方7時半にホロンポハットに到着。そしてこの日最初の食事にありつけたけれど、疲れであまり喉を通らず、ハットに戻りぐっすり眠った。

 最終日は昨晩沢山眠ったせいか少し元気になり、足軽とはいかなかったけれど、順調にゲートまで下山した。それにしても最後のアタック前までは本当に大したこと無くてハイキング気分だったのに、アタック&その後の下山は超超辛かった。でもアフリカ大陸最高地点を制した感動は本当に格別で多分一生忘れないと思う。

登山費用(1人あたり)
・5泊6日 910ドル
・備品のレンタル 75ドル
・ガイド、ポーターへのチップ 65ドル

登山道具
・登山靴
・寝袋
・ウォーキングスティック
・サングラス
・日焼け止め
・Tシャツ3枚
・パンツ1枚
・ジャージ上下
・ヘッドライト
・レインジャケット&トラウザー
・ウォームジャケット&トラウザー
・薄手の長袖2枚
・靴下3足
・キャラメル60個
・チョコレート6枚
・水1.5リットル/日
・カメラ
・タオル2枚
・でかいゴミ袋数枚
・カメラと電池多目
・携帯
・財布
・グローブ
・サンダル
・トイレットペーパー4個
・キリマンジャロビール

持って行くべきだったもの
・リップクリーム
・バンドエイド
唇が乾燥でやられてしまって、食べる度に沁みて辛い。
靴擦れをしてしまって、下山はずっとサンダルだった。

DSCN1682.jpg
初めて全景を見たキリマンジャロ
写真からは伝わりにくいけれどでかい。

DSCN1702.jpg
登山開始前に皆で

DSCN1708.jpg
初日は森の中を進む

DSCN1738.jpg
マンダラハットに到着

IMGP2058.jpg
ハットに早く着いたので散歩がてら寄ったマウンディクレーター

IMGP2064.jpg
ハットでの夕食は美味かった

DSCN1765.jpg
宿泊したハット
寒かったが広くて快適だった。

CIMG1270.jpg
2日目出発前に皆で

DSCN1785.jpg
2日目に入り見えてきたキボ峰と黙々と荷物を運んでくれるポーター
彼らの体力には呆れるばかり・・・。

DSCN1827.jpg
2日目は初日とガラリと変わり荒野の中を行く

DSCN1837.jpg
辿り着いた2日目のハット

DSCN1866.jpg
ホロンボハットの風景
既に雲の上だ。

CIMG1315.jpg
高度順応日に寄ったゼブラロックで

CIMG1328.jpg
くっきりと見えたキボ峰

DSCN1870.jpg
4日目キボハット目指して出発

DSCN1888.jpg
まるで寒い砂漠の中を行くようだ

IMGP2151.jpg
高さ5150Mのマウェンジ山
この山は頂上まで登れないらしい。

CIMG1340.jpg
休憩中
4000Mを超えてくると日差しは強いのに風は冷たく過酷な環境だ。

DSCN1895.jpg
到着したキボハット

DSCN1897.jpg
休んだハット
入り口はここしかなくトイレは裏側あり、寒くて頭も痛くトイレに行くのも億劫になった。

DSCN1903.jpg
0時過ぎにキボハットを出発して歩くこと5時間、ギルマンズポイントに到着。
ここはキリマンジャロ噴火口の一番低い位置だと思う。

DSCN1911.jpg
頂上から見える風景①

DSCN1914.jpg
頂上からの見える風景②
言葉を失うほどの絶景だ。

DSCN1923.jpg
ウフルピークで
ハイテンションになり皆Tシャツでガッツポーズ!

IMGP2158.jpg
頂上から見える風景③

IMGP2159.jpg
頂上から見える風景④
一面雪で、気温はマイナス十数度、タオルに包んで持ってきた水も少し凍ってしまった。

IMGP2165.jpg
下山中・・・
体力を使い果たしてポーターに支えてもらった・・・。

DSCN1944.jpg
頂上到達のCertificate


スポンサーサイト
2回目の隊員総会
昨日から今日にかけて隊員総会があった。

 昨日の午前中は昨年に引き続き、JICA事務所からの安全ブリーフィングがあった。事件例の紹介や、未然に防ぐ対処法などの話で聞いたことある内容ばかりで退屈で眠かったよ。午後からは隊員総会で事務所への提案やグループディスカッションなどを行ったけど、これも本当に眠かった。1日目はダルかったなぁ・・・。でも夕食は昨年に引き続き日本大使公邸に招待してくださり、普段食べれない料理をご馳走になり皆とても満足してそうだった。

 そして今日は大きな会場を借り切ってタンザニア人の学生300人ほど招待し小さなブースをいくつも作り伝統遊びや教育システムの違い、習字や着物、原爆などの日本の紹介を行った。俺は伝統遊びブースでコマと折り紙を担当したんだけど、来客が途切れなくて忙しかったけど、昨日と違って充実してたよ。学生も皆珍しそうに、熱心にメモをとったりしていて、こちらもやり甲斐があった。夜は懇親会で任地ごとの出し物を披露し盛り上がった。ネワラでは民族の踊りであるンゴマをやった。練習したかいがあって上手くいったんじゃないかな。

 ともあれ忙しかったけど去年とはまた違った趣旨で新鮮な隊員総会だったと思う。明日は一日休んで明後日の早朝にはキリマンジャロ登山のためモシに向けて旅立つ予定!

 
ムトワラ
今回は上京途中にムトワラで2泊した。
 9日の朝1時のバスでネワラの皆で任地を離れムトワラへ向かった。12日の活動の中間報告会&14日からの隊員総会のためだ。9日の朝5時前にムトワラに着いた。バス停で1時間ほど休憩してからムトワラの萱沼隊員の家に移動して、そこから彼の配属先に行きネットをやらしてもらった。ダルエスに行けばできるものの、久々のネットは楽しかった。夜は萱沼隊員の家で、ムトワラの美味しい魚料理をご馳走になった。

 10日は皆でダウ船を貸切りムトワラの海へ繰り出した。昨年の11月以来だったけど、相変わらずムトワラの海は綺麗だ。沖で船を停めてもらい皆でシュノーケリングを楽しんだ。その後も無人島へ移動し、そこで海水浴や貝拾いを楽しんだ。ムトワラの海はやっぱり素晴らしい!夜は昨晩に引き続き萱沼隊員の家で魚料理をご馳走になり、皆でムトワラを楽しんだ。

 明日の飛行機でダルエスへ上京する予定。1月以来の約5ヶ月振りの上京だ。3月にドミトリーも移転したらしく新しいドミトリーも初めてなので楽しみだ。明後日から中間報告会&タンザニア教育研究会の定例会&隊員総会&キリマンジャロ登山&ザンビア旅行と怒涛のようにイベントが続くけど、全て楽しもうと思う!

DSCN1557.jpg
ダウ船でインド洋へ

DSCN1570.jpg
帆の前で遠くを見つめる畠山隊員

DSCN1575.jpg
ダウ船でくつろぐ萱沼隊員と田中隊員

DSCN1593.jpg
同任地の林隊員と

DSCN1601.jpg
海に浮かぶ吉村隊員

5ヶ月振りの上京
昨日で今年度前期終了した。

 3月末の中間休みに南東部を回ったが、それ以外はこの5ヶ月間はずっと任地のネワラで過ごした。5ヶ月間も任地で過ごしたのはこれが最初で最後になると思う。5ヶ月間も任地にいると、やっぱり任地を離れたくなる。この5ヶ月間はまともに電気があった日はほんの数日しかなく、蚊も多く、水も4月下旬から雨がさっぱり降らなくなり、乾季にさしかかったばかりだというのに、水不足が深刻で、後半は授業もマンネリ化してきて、生徒はダレ気味・・・俺も少しダレ気味・・・こんな状況だったので、本当に上京できるのがありがたいよ!数ヶ月に1度はリフレッシュが必要だなぁと改めて実感したよ。

 そんな訳で昨晩はネワラの隊員で夕食を食べ、夜1時ネワラ発のバスに乗り皆でムトワラまで来たよ。明日は1日ムトワラに滞在しインド洋に繰り出しシュノーケリングを楽しむ予定!そして翌日の飛行機でダルエスに向かうよ。14~15日にかけて1年振りの隊員総会があるのでそれに参加するため&その前に活動の中間報告会&タンザニア教育研究会の定例会があるので、これが上京の正当な理由になるんだけど、俺自身この休みは総会後にキリマンジャロ登山&ザンビア旅行を計画しているのでこっちの方がメインな理由なんだけどね。ともあれ久々の都会生活&旅行を楽しむよ!
久々の任地紹介
人々&アメリ&Simo la mungu&Pilau

DSCN1430.jpg
いつも世話になっているレストランOMAXの店長

DSCN1522.jpg
可愛いFormIIの女生徒
左からEva,Shaida,Rukia,Thecla,Amina

DSCN1421.jpg
一緒にソーダを飲みにいったFormII数学トップのHajiとSamwel

DSCN1427.jpg
同じく数学トップのKarimuとFatuma

DSCN1527.jpg
アメリとカメレオン
興味深そうにカメレオンを眺めている。

DSCN1537.jpg
庭で作ってあげたパスタを食べる警備員のBabuと同僚のIsaya

DSCN1530.jpg
アメリと庭で

DSCN1489.jpg
学校の裏の崖Simo la Mungu(神の穴)
ネワラの観光名所だ。多分唯一の・・・。

DSCN1493.jpg
Simo la Munguからの夕焼け

DSCN1502.jpg
隣人のRichardに作ってもらったPilau
日曜日の夕方に月1~2回位作ってもらっている。2食分の量があるけど美味い!