FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今日から期末テスト
 期末テストが始まった。
 最初の科目は数学で毎度のことながらラッキーだ。すぐ採点にとりかかれるからだ。みんな良い点数を取ってくれることを願っている!

 Acdemic masterは・・・いや学校の教師は俺以外は、何故か1年生を講堂に移動し全クラス一箇所に集めて試験をやりたがる。試験監督を減らしたいからだ。それは分かるけど、試験には毎回訂正箇所がある。その訂正は広い講堂にある小さい黒板に書かれるだけなので、全ての生徒が見れるわけじゃないんだ。なので俺はこれには反対で、各教室で試験をやって欲しいと試験の度に思っている。たったInvigilatorが2人減るだけなんだ。

 今回の数学の試験範囲は幾何学的な内容が多かったので、訂正箇所が多くなると覚悟していた。というのは学校にはコピー機が無く、毎回試験は予め試験問題をタイピストに渡して彼女がステンシルにタイピングしてくれそのあと輪転機にかけて人数分印刷するんだ。なので図形はタイピング出来ないからステンシルの上から手書きで書くしかなくて、それは印刷が薄くて見えなくなるだろうと思っていたからだ。案の定見えなかった・・・。

 なのでAcademic masterにせめて数学だけは今回は各教室で試験をやらせて欲しいと頼んだ。講堂の黒板じゃ訂正箇所は書ききれないと訴え続けたら分かってくれ、数学だけは各教室で試験を行われることになった。これも2回言ってわかってくれた。ホッとしたよ。
スポンサーサイト