FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



2回目のKilwa
29日の朝1時のバスでネワラを出発!

 今回は上京途中にキルワに寄って行こうと思った。9月にもキルワに行ったんだけど、ここでデジカメを無くしてしまったため、何の記録もなかったんで、どうせならもう1度行って写真を撮ろうと思ったんだ。カメラは今月上旬に家族から送ってもらったものが届いたのでそれを携帯して。

 バスの席確保は重要なんで夜10時半に家を出発しバス乗り場まで来て、そこで寝ながら席を確保し寝ながら出発を待った。おかげでいい席がとれたよ。というのは、3週間ほど前、唯一人16-1で任期を延長していた須藤隊員のクワヘリのためネワラのみんなでムトワラに行ったとき、出発直前だったので、いい席が空いてなくて後ろの嫌な席しかなくて、荒れたダートを飛ばすバスに何度も意識朦朧としながら何度も飛ばされ朝5時にムトワラに着いたときは頭も腰も腕もあざだらけになったんだ・・・。それ以来このバスに乗るには絶対いい席確保しなきゃいけないんだと思うようになったわけ。

 おかげで前回よりは快適にバスに乗れ朝5時に予定通りムトワラについた。でも、ここからはキルワに行くと言ったらバスを変えてくれと言われた。渋々バスを乗り換えて6時半の出発を待った。このバスは小さいマイクロバスで乗り心地は悪かった・・・。ここからバスに乗り続けること10時間、夕方4時半に無事キルワに到着した。バスはシンドイけど、一緒のバスに乗っている乗客やバスのコンダクターと長旅お疲れみたいな連帯感を感じられるので、これが好きだ。・・・といっても飛行機使えるならそっちを選ぶけどね~。

 キルワに着いたら真っ先にキルワガイドのタンザニア人に声をかけられた。本当は着いたら前回の9月に来たとき案内してもらったガイドに電話しようと思っていたんだけど、まあこの人でもいいかと思って付いていった。宿は前回泊まったところでいいやと思っていたんだけど、たまたま閉まっていた。それからガイドとともにゲストハウスをあちこち回ったんだけど、どこも満室で・・・1時間ほど探し回って1泊2000シリングの水道もない風呂トイレ共同の安宿を見つけたんで、そこに泊まることにした。

 そのあとは1人で夕食を食べに行きその後、ガイドから電話がかかってきて、ガイドの知人たちに混ぜてもらい軽く飲んだ。それから宿に戻り砂埃で泥だらけになった体を洗った。快適すぎたよ。水は水道のないホテルは大きなバケツかドラム缶に用意してくれているのでそこから、小さいバケツに必要な量だけとって使うのがタンザニア流。シャンプーは基本的にどこの宿にもないんで、使いたいなら店を探して買うしかないんだ。多分タンザニア人は全般的に髪が短いからシャンプーは使わないんだろう。前回石鹸で2日続けて頭を洗ったら、嫌な感触だったんで、今回もシャンプーをかったよ。そして29日は15時間半の長旅の疲れで眠りに落ちた。

 翌日は小雨がぱらつく中ガイドが約束の8時に迎えに来てくれた。それから町役場で遺跡めぐりの許可書を発行してもらい、キシワニ島にダウ船で向かった。この頃には雨も止んでて助かったよ。キシワニに着いてからは、前回は南から回ったんだけど今回は北から回り始めた。そして案内してもらいながら順調に島を回ったのに、朝の雨からかマングローブの道が水没してて通れなくなってた。ガイドは別の道を行こうとか言って藪の中に入りだした。これが失敗だった・・・。そこからはどんどん迷っていった。見渡す限り藪・・・。普通の姿勢では歩けなくて木々を手で掻き分けながら歩いた・・・。自分たちがどこにいるかも分からない・・・・。汗だくの手足傷だらけで散々だった。大学の時のやっていたオリエンテーリングでもこんなところ通らないよなぁと思いながら不満たらたらでガイドについていった。藪の中をさまようこと2時間、ようやく歩道に出られて本当にホッとした。疲れ果てたので、遺跡めぐりもいいやと思ったんだけど、もう来る事もないだろうと思ったんで、休憩後に一通り回った。ガイドも迷ったのは初めですまなかったと謝ってくれた。

 それからまたダウ船に乗り、キルワマソコに戻った。ガイド料は2万シリング相場なんだけど、散々な目に遭ったんで今回は1万シリングしか払わなかった。それからガイドが自分の家に連れて行ってくれ、そこで遅い昼食をご馳走になった。それからビールを飲みに行きその後ガイドと別れた。別れる際にガイドがもう1万シリングくれと言ってきたけど、数千シリング渡して帰ってもらった。この最後が無ければ、道迷ったけどいいガイドだったなぁという好印象で終わったんだけど、ちょっと後味が悪かった・・・。

 その後は宿に戻り体を洗い、1人で夕食を食べに行った。そして町を少しブラブラして宿に戻って寝た。一人で知らない町をブラブラしてビールを飲むっていうのも楽しいなと思ったよ。ともあれ今回はカメラも無くさずにすんで、写真も沢山とれて満足した。もうキルワにくることは無いかなぁ・・・。明日は朝5時半発バスでダルエスに向かう予定。おきれるか心配だ・・・。
DSCN0350.jpg
2泊した宿
見かけは汚いが快適だった。

DSCN0354.jpg
Kilwa Masokoをダウ船で出発

DSCN0363.jpg
Kilwa Kishiwani島に到着

DSCN0376.jpg
近くで見るMikoko(マングローブ)

DSCN0385.jpg
最初に見た遺跡 
水浴び場だったらしい。

DSCN0400.jpg
Kishiwaniの町並み
村人は電気も無いところで井戸水を使い家畜を飼いゆったりと生活している。

DSCN0417.jpg
迷い込んだ藪
本当に散々だった・・・。

DSCN0420.jpg
木に登り辺りを見回し藪脱出を試みるガイド

DSCN0421.jpg
藪の中で見つけた巨大トカゲ

DSCN0426.jpg
藪を抜け出し遺跡へと続く道

DSCN0432.jpg
城の跡

DSCN0439.jpg
のんびり暮らすヤギ達

DSCN0440.jpg
昔使われていた井戸
奥で分岐してあちこちに水を供給していたらしい。

DSCN0446.jpg
モスク(イスラム教信者の礼拝場所)の跡

DSCN0462.jpg
防壁の跡で

DSCN0389.jpg
巨大なMbuyu(バオバブの木)

DSCN0494.jpg
Kishiwani島を離れる

DSCN0502.jpg
Masokoに到着

DSCN0522.jpg
Masokoの綺麗な浜辺
遠くに見えるのはSeaviewという高級ホテル。

DSCN0528.jpg
ガイドの家とその子供
ここで昼食をご馳走になった。

DSCN0533.jpg
ガイドのRobin
最後に飲み交わしたビール。美味かった~。

DSCN0538.jpg
夕食を食べたバー
お気に入りのバーの一つだ。

DSCN0541.jpg
夕食を終えて帰る途中に買ったMananashi(パイナップル)
ネワラには無いので食べまくった。美味すぎた。

DSCN0536.jpg
2泊した宿YURSEMUS

スポンサーサイト



2006年後期終了!
 今日で今学期終了!

 ・・・本当は30日が最終日なんだけど、もう授業も無いしテストの採点も終わり成績もつけ終わったし、他の先生はまだ採点や成績付けに追われていて、生徒は30日まで畑作業だ。という訳で俺の今期の学校の仕事は終わり!

 この学期は、7月16日からの4ヶ月半、全てやり通した最初の学期になる。教えたコマ数FormI、FormIII併せて400ピリオド。前任者が任地を離れる直前までシラバスの内容を沢山進めていてくれたので、俺はその続きから授業を行い、シラバスを終わらせる事にそんなにこだわった訳ではないけれど、FormI、FormIII共に9割型終えることができた。自分の授業がどれだけ生徒に伝わったか分からないが・・・テスト結果からあんまり伝わってないな~・・・でもそれなりの達成感があるよ。来年はどうなるか分からないが、希望としては今の生徒達をそのまま受け持ちFormIIとFormIVを担当したい。

 この学校・・・いや聞いた範囲ではどこの学校も同じだけど、タンザニアの学校の問題点は、学校が日本みたいに授業最優先というわけではないところだと思った。突発的な職員会議や生徒の畑仕事、模擬国家試験の採点などで平気に授業が潰れる。そうでなくても、Punishmentの雑用で該当生徒が大勢借り出されたり、授業中いきなり体罰を行うため教師が教室に入ってきたり、大した連絡でもないのに教師や他のクラスの生徒が教室に入ってきたり、職員室で○○先生が呼んでいると言って生徒を数人引っ張っていったりする。

 タンザニアでは当たり前なのかもしれないけど、自分の授業をこういうことで妨げられるのは腹が立つよ。今期は大目に見たけど、来年度は生徒が一番苦手な科目は数学で何より必要なのは数学の授業だということを訴えて、せめて自分の授業だけはこういうことで妨げないで欲しいと校長と全ての教師に依頼してみようと思う。まぁ彼らの言い分もあるのかもしれないけどね・・・。とにかく年初めに校長と全教師に話してみようと思う。
 
 ともあれこれから1ヶ月半の長期連休。もうすぐ家を出るよ。今晩深夜1時発のバスでネワラを離れる予定。4ヶ月振りの上京だ!途中キルワに寄って!久々のネット、シャワー、美味しい料理など都会生活が楽しみだ!
後任要請
生徒は今日まで期末テスト
 タンザニアに赴任して8ヶ月、もう後任要請を考える時期になった。早い気もするが、平成19年春募集で隊員候補生を募り、選考→候補生選出→技術補完研修→派遣前訓練→派遣というプロセスを辿るとどうしても1年近い期間を要してしまうみたいだ。もし自分の後任が間隔空けずに必要ならJICA事務所宛に配属先で記入してもらう書類と自分で修正する書類を仕上げて今月末までに送らなければならなかった。

 これらの書類はJICA事務所で後任必要の有無を再度検討され省庁にも送られ、そこで決まれば初めて正式な要請となるみたいだ。次の春募集で補える可能性があるのは、平成19年度3次隊と4次隊だ。(今年から派遣が年に4回になった。俺は平成17年度3次隊で派遣されたけれど後任は3次隊ではなく4次隊になるんだ。平成19年度3次隊は17年度2次隊の後任になる。)

 もし今回を逃したら平成19年秋募集になるので後任が来るのは最短で平成20年度1次隊(平成20年6月下旬派遣)になってしまう。俺が帰国してから後任が来るまで約3ヶ月の間隔が開いてしまうんだ。

 配属先も後任が欲しいということだったので必要書類を今日までに書いてもらった。俺も自分の書類の修正は仕上げた。あとは無事に後任が来てくれる事を祈るのみ!この学校には、どうしても必要だよなぁ~。

 
Scholarship studentsの候補者決定
来年度の奨学生が決定した。
 この奨学金制度というのは、タンザニア教育研究会という隊員で構成する自主的な組織で設けている制度の一つであり、俺は最も素晴らしい制度であると思う。

 タンザニア教育研究会はほぼ全ての理数科隊員とその他の教室型隊員数名で構成されている。そして6月と12月に定例会を開き意見交換やディスカッションや国家試験の解答集の作成など、会員皆の普段の活動に少しでも有意義なことを・・というのを目指して活動しているんだ。といっても実際の活動は6月と12月くらいなんだけどね。

 奨学生制度というのは、その名の通り成績優秀なのに家庭のFinancialの問題で学業を続けるのが困難な生徒の学費や寮費、国家試験費など学業に関わる全ての費用を全て免除する制度だ。この費用はタンザニア教育研究会の加入費とOBからの寄付等で賄われている。そして各隊員自分の配属先で生徒を数名推選し定例会で会員皆からの承認を受けて決定するんだ。

 俺の学校からは6名推選できる枠をもらったので、10月上旬に学校の朝礼でアナウンスして広告を貼り応募者を募っていた。そして20名程の生徒が集まってきたので、それぞれにApplication formを書いてもらい、その後Academic masterに書いてもらった成績証明書と照らし合わせて同僚に手伝ってもらいながら面接を行い、今日までに6名に絞った。この6名の生徒にはMy futureという題でEsseyを書いてもらい、俺は定例会で発表する6名の推薦書を書いた。

 これらの作業は面倒だったけど生徒にとっては重要なのでちゃんとやった。そしてようやく今日終了してホッとしたよ。初めて奨学生を選出したのだけれど面接を通して、普段の様子からじゃ分からない、父親が居ないなど辛い家庭状況におかれている生徒が結構いるということが分かった。学費と試験費併せて年間約5万シリング(5千円)の授業料が払えないんだ。そういう生徒達を少しでも援助してあげるこの制度は本当にいいと思う。隊員が配属されている各学校からも評判がいいみたいだ。

 でもこの制度救ってあげられる生徒なんて本当に一握り。隊員が配属されていない学校にはこの制度は適用されないし、あることも知らないだろう・・・。かと言って全ての学校に適用するというのも不可能だ。出来ることはやっぱり、目の前の出合った生徒を少しでも助けてあげるということだけだ。これだけでも意味があると思ってやっていくしかないよな・・・。
今日から期末テスト
 期末テストが始まった。
 最初の科目は数学で毎度のことながらラッキーだ。すぐ採点にとりかかれるからだ。みんな良い点数を取ってくれることを願っている!

 Acdemic masterは・・・いや学校の教師は俺以外は、何故か1年生を講堂に移動し全クラス一箇所に集めて試験をやりたがる。試験監督を減らしたいからだ。それは分かるけど、試験には毎回訂正箇所がある。その訂正は広い講堂にある小さい黒板に書かれるだけなので、全ての生徒が見れるわけじゃないんだ。なので俺はこれには反対で、各教室で試験をやって欲しいと試験の度に思っている。たったInvigilatorが2人減るだけなんだ。

 今回の数学の試験範囲は幾何学的な内容が多かったので、訂正箇所が多くなると覚悟していた。というのは学校にはコピー機が無く、毎回試験は予め試験問題をタイピストに渡して彼女がステンシルにタイピングしてくれそのあと輪転機にかけて人数分印刷するんだ。なので図形はタイピング出来ないからステンシルの上から手書きで書くしかなくて、それは印刷が薄くて見えなくなるだろうと思っていたからだ。案の定見えなかった・・・。

 なのでAcademic masterにせめて数学だけは今回は各教室で試験をやらせて欲しいと頼んだ。講堂の黒板じゃ訂正箇所は書ききれないと訴え続けたら分かってくれ、数学だけは各教室で試験を行われることになった。これも2回言ってわかってくれた。ホッとしたよ。
Kikuwete大統領ネワラ訪問
今日はKikuwete大統領が初めてネワラに来た。
 今月上旬にキクエテが日本や韓国、中国を訪問したというのは、まわりから聞いて知っていた。でもまさかネワラに来るとは・・・。ネワラは毎年乾季の終盤は水不足が深刻になるんで、援助しにきてくれたみたい。間近で大統領を見れる機会なんて滅多に無いんで、俺たちネワラの隊員も大統領が演説する場所に行った。物凄い人の量だった。大統領は、やっぱそれなりに風格があったよ。
DSCN0191.jpg
Kikuwete大統領を一目見ようと広場に集まる人々

DSCN0198.jpg
講演前のイベント
みんな陽気なダンスを踊り盛り上がっていた。

DSCN0204.jpg
大統領

DSCN0210.jpg
演説する大統領

DSCN0212.jpg
広場に集まった大勢の人
ネワラはこんなにも人がいたんだ~と改めて思った。

ムトワラへ
須藤隊員のクワヘリのため昨晩ネワラを出てムトワラへやってきた。
 唯一人16-1で任期延長していた理数科教師の須藤隊員が今月21日出国するのでそのクワヘリパーティーのため南東部にいるほぼ全隊員がムトワラに集まった。ネワラ組は、4人で朝1時のバスに乗ってきた。

 でもこのバスは散々だった・・・。ネワラ⇔ムトワラ間は全行路未舗装のダートなんだ。それをスピード出してバスは飛ばすんで、座る席によっては揺れるを通り越しふっ飛ばされる。俺たちは4人とも出発直前の最悪な席しか残ってなかった・・・。そして噂どおり吹っ飛ばされ、ムトワラに着くころには腰と肘と頭にあざができたよ・・・。なのでバスの中では全くというほど眠れなかった・・・。

 朝5時にムトワラについてからは萱沼隊員の家に行き朝8時まで仮眠をとってそれからダウ船にのりインド洋に繰り出した。ここの海は本当に綺麗で、久々のシュノーケリングも最高だった!

 その後は萱沼隊員の家で皆で夕食を作り、普段は滅多に食べれない海の幸をたらふくご馳走になった。須藤隊員のクワヘリには総勢16名も集まった。そしてスライドショーとかも上映されみんなで須藤隊員の帰国を祝った。須藤隊員は長期休みも休まず活動して生徒の学力向上のため全力で活動してきた隊員だった。こなしてきたスケジュールをきいて唖然としたくらいだ。俺には真似出来ないよ・・・尊敬できる隊員だった。

 そしてこの日は佐藤シニア隊員の家にネワラ組は泊めさせてもらい、今日朝6時発のバスで任地に帰った。ろくに寝られず疲れたけどとても良い週末だった。

DSCN0096.jpg
ダウ船で繰り出す前にフィッシュマーケットで朝食

DSCN0104.jpg
ダウ船で出発

DSCN0103.jpg
大きなダウ船の帆
船乗りはこの帆を自在に操り風を捕まえ乗客が望んだ場所に連れて行ってくれる。

DSCN0116.jpg
須藤隊員

DSCN0130.jpg
エメナルドなHindi ya bahari(インド洋)

DSCN0143.jpg
シュノーケリングを楽しむ永田フィールド調整員

DSCN0141.jpg
子供たちが捕まえてきてくれたKuweza(タコ)
夜このタコを刺身にしてみんなで食べた。美味すぎた。

Embe(マンゴー)とその他の風景
マンゴーは1~2月に食べ放題
 タンザニア南部にはマンゴーの木がたくさんあり、1~2月は好きなだけ食べれるようになるらしい。ここにくるまで正直マンゴーはあまり好きではなかった。でも11月に入って生徒からもらったマンゴーが超美味かったんだ。初めて美味いと思った!それからはマンゴーを買うようになったよ。今はまだ買わないといけないけど、1月~2月はタダでマンゴー食べ放題の季節らしい!楽しみだよ!

 DSCN0292.jpg
巨大なマンゴーの木

DSCN0291.jpg
実が沢山だ
一応この緑の実でも食べれる。生徒は休み時間に外に行き石を投げてこの実を落としてよく食べている。Embe bichi(熟れてないマンゴー)と呼ばれるんだ。このマンゴーは酸っぱいけど塩を付ける美味くなるらしい。俺もよく生徒と一緒にこのマンゴーを取りにいき食べているけど塩はまだつけたことないな・・・。

DSCN0293.jpg
屋台に並ぶマンゴー
左と右で種類が違うけど両方とも美味い。11月のこの時期で左は1個20シリング(2円)右は1個150シリング(15円)!本当に美味い!食べ放題の時期が楽しみ!

IMG_0982.jpg
何の木か忘れたけど綺麗な花

IMG_0980.jpg
屋台に並ぶ干した魚
俺はまだ食べた事無い。ちなみに内山隊員がこれを茹でて戻して食べたら腹を壊したらしい・・・。なので俺は食べないだろうな。

DSCN0294.jpg
Soko(市場)で雑貨を販売している陽気なRama
俺達日本人に毎回話しかけてきてくれる。話し好きだ。

DSCN0151.jpg
補講の様子
この日は一年前の国家試験の問題で一年生で習う範囲の問題をチャレンジさせてみた。みんな一生懸命考えている。

DSCN0167.jpg
生徒の畑作業の様子
農地を拡大するため、枯れ木や草を燃やしている。

DSCN0168.jpg
畑作業を指導する、もう一人の数学教師Rashidi
彼はこの学期からこの学校にきた。その前にいたMukuliyaは前期終了と共に他の学校へ移ってしまった。でもこのRashidiも良い教師だ。彼の家にはよく行き雑談をしたり、筋トレや簡単な空手を教えてあげたりしている。

生徒達
皆写真好きで、カメラを持っているとすぐ撮ってくれと言われる

DSCN0085.jpg
FormIの女生徒達

DSCN0146.jpg
FormIIIの男生徒達

DSCN0159.jpg
補講の後で・・・FormIの生徒達と

DSCN0173.jpg
FormIの男生徒達

DSCN0177.jpg
自習中の左からRukia Hiruda

DSCN0187.jpg
家によく来る左からAkutari Issa Samuri

DSCN0216.jpg
Sambusaの作り方を教えてにきてくれたJessica

DSCN0218.jpg
出来上がったSambusa
手間がかかるけど美味しかった。

DSCN0226.jpg
寮の生徒達

DSCN0329.jpg
あげたマンゴーを食べる左からSamuwel Akutari Karimu
2人ともわざと下を向いたポーズを作っている。

DSCN0338.jpg
右から可愛いRukia Pili

デジカメの印刷は首都位しかできないので、上京したとき印刷してみんなにあげるつもりだ。本当に写真好きだ。生徒だけに限らず大人もね~。

崩壊した家の庭のフェンス
蟻に喰われ毎晩の強い風にさらされ崩壊した我が家のフェンス
 DSCN0342.jpg
無残なフェンス

DSCN0343.jpg
もうボロボロだ

DSCN0339.jpg
壊れかけのフェンスの前で
事務員のIsayaと警備員のBabu

 このフェンスじゃ何の防御にもならないので、上京前に業者に頼んできた。1月に任地に戻った際にはきっと立派なフェンスが出来ているはず・・・。Isayaが毎日チェックしにきてくれるらしい。

夕方
家の付近の夕方の絶景
 DSCN0157.jpg
雄大な雲

DSCN0161.jpg
入道雲みたいだ

DSCN0266.jpg
学校の外側

DSCN0272.jpg
飛行場跡の先端から

DSCN0273.jpg
綺麗な夕日

DSCN0256.jpg
学校の裏の一本道(アメリと散歩中)

DSCN0295.jpg
学校の裏から
大きなアンテナ付近に永田さんの家がある。この崖沿いを歩いて約10分程度の距離だ。

DSCN0289.jpg
本当に綺麗な夕方だ

DSCN0271.jpg
雄大な夕陽だ

DSCN0268.jpg
遠くに見える一帯にカシューナッツの工場がある

DSCN0265.jpg
学校を出てすぐ見える好きな景色の一つだ

DSCN0262.jpg
学校の正門付近

アメリその2
アメリは人気者だ。
 ・・・といってもデカイのでほとんどタンザニア人は怖がってちかよってこないんだけどね。

CIMG0614.jpg
内山隊員とアメリ
彼はアメリを凄く可愛がってくれる。アメリも彼が好きみたいだ。フラッシュをたいて明るく見えるが、実は2つのTaa(ロウソク)の火の明かりだけで暗い・・・。計画停電のせいだ。

DSCN0091.jpg
生徒とアメリ
ほとんど生徒はアメリを怖がるが何人かは馴れている。

DSCN0322.jpg
街の人とアメリ
いつも街で買い物するときやレストランにいっている1~2時間は彼がアメリを見ていてくれる。

IMGP5705.jpg
永田さんとアメリ
彼女もアメリのことが好きみたいだ。

DSCN0301.jpg
アメリとルブマ川

DSCN0083.jpg
散歩中

IMG_0962.jpg
アメリのお気に入りの場所
いつも庭の無線のアンテナの横でグテーっとしている。

IMG_0987.jpg
家の中で
家のドアが開いているとよく家の中にも入ってくる。

DSCN0323.jpg
買い物を終えて見てくれている街の人の所に戻った直後のアメリ
ちょっとの時間離れただけなのに、いつも嬉しそうな表情で俺の顔を見上げ飛びついてくる。

CIMG0623.jpg
眠っているアメリ
大体こうやって丸くなって寝ている。


Ruvuma川
家の裏から徒歩15分の所にモザンビークとの国境のルブマ川絶景ポイントを発見!
DSCN0235.jpg
ルブマ川1
煙はどこかの家か畑で何か燃やしている煙か・・・?

DSCN0239.jpg
ルブマ川が一望できる赤土の大地

DSCN0243.jpg
ルブマ川2

DSCN0245.jpg
夕方でも強い陽射し

DSCN0254.jpg
ルブマ川3
赤土の大地も入れて少し離れた所から・・・。

DSCN0282.jpg
ルブマ川4
永田フィールド調整員の家の前から。これも絶景だ。

これらの絶景ポイントは本当に最近発見したので、アメリの新たな散歩コースとしてよく来るようになった。