FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

07 ≪│2006/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールド調整員
昨晩調整員がNewalaに来た

 調整員は新隊員が配属されたあと定期的に任地を回るみたいだ。俺の時もそうだった。あとはフィールド調整員というのは今まではシニア隊員と呼ばれていて、普段調整員はダルエスサラームにあるJICA事務所で仕事をしているんだけどフィールド調整員は自分の担当地域に残りそこで活動するんだ。今回小針隊員が帰国して、その後任の中村隊員がNewalaに来たのでその活動状況確認と新しいフィールド調整員の任地の確認を含めての訪問だ。今回の訪問者は調整員2人とフィールド調整員1人の3人だ。そう、フィールド調整員はここNewalaで活動することになるみたい。昨日は日曜だったので、仕事は無く調整員方々から我々Newalaの隊員は夕食に招待され、美味しい夕食をご馳走になった。

 このとき驚いたのは、このフィールド調整員、永田さんは平成15年度3次隊でケニアに保健士として派遣されてたみたい。そう、同じ隊次だったティーけさんのことをよく知っていたよ。しかも語学のクラスが一緒だったとか・・・。世の中狭いよな~と思った。ともあれこれでNewala派遣の隊員は4人になった。これからは4人で仲良くやって行くよ。
 
スポンサーサイト
広域研修終了!
一週間の研修が終わった。

 今日でようやく一週間の研修が終わったよ。一週間の研修センター生活も終了。ホスト国になると色々と忙しくて大変だった。でも一番忙しかったのはFacilitatorのシニア隊員だ。彼女をちゃんとサポートできたかどうかは分からないけど無事研修が終了してほっとしたよ。参加者も皆満足してそうだった。研修では残念ながら他国から来た同期隊員は居なかったけど、それ以外の隊員や彼らのカウンターパートとも色々話せて楽しかった。

 研修は英語で行われたんだけど、タンザニア人や他国からきたカウンターパートは英語スラスラ話すんで何度もついていけなくなった。俺は半分も理解できてなかったのに、彼らは全部分かっていた様だ。自分の英語力不足を実感したよ。でも研修では生徒を巻き込む効果的な授業方法や、セミナープランも立てたんで任地に戻ったら早速実行してみようと思う。

 今回はこんな感じで首都に居たけどほとんど街をまわれなかった。まぁでもその分得たものがおおきかったんでまぁいいか!明日の朝ダルエスサラームを発つ予定。今回は飛行機で。もっとゆっくりしたかったけど、それはまた次回で!・・・次ぎあがってこれるのは、いつになるか分からないけど。こっちで売っている蚤取りの薬も買ったんで任地に着いたら早速アメリに試すかな~。
明後日から研修開始
いよいよ広域研修だ。

 明後日から広域研修が始まる。この研修の目的は現地教師と相互理解を深めより良い授業を展開していくために行われるんだ。In service training(INSET)と呼ばれる。他国はタンザニアに比べてINSETが進んでいるみたいでそれを少しでも参考に取り入れようというわけ!

 他職種・・・例えばコンピュータや自動車整備などは圧倒的に日本人の持っている知識や技能が現地人に比べて優れているので、現地の人は日本人から学ぼうという姿勢を持つけど、理数科教師はタンザニア人教師からみて、必ずしも優れていると思われていないみたい。教育の方針が日本と異なり、日本で自分たちが受けてきた同じような授業を展開しても生徒が国家試験を突破できるとは限らないからだ。例えばタンザニアでは定義を覚えさせられ、~の定義を言えという問題がものすごくテストで出題される。日本ではそんなことあまりやらないし、いきなり聞かれても日本人教師は答えられない。それに対してタンザニア人教師は自分たちが勉強してきたから出題傾向も分かっており簡単に答えることができるんだ。

 日本人教師が優れている点は、実験の仕方を知っているということと一つ一つの単元の知識が深く難問でも答えられるということだ。あとは真面目さかな~。だからお互いの良い所を学び助け合っていこうというわけみたい。

 というわけでホスト国の我々は明日から研修するホテルに滞在し準備や他国から来る隊員とそのカウンターパートを受け入れをしなきゃいけないんだ。ちょっと面倒だけど頑張って吸収してくるよ。明日から研修場所に1週間缶詰め状態で、来週の土曜には首都を出発するから今日が首都生活最後みたいなもんかな~。ともあれやってくるよ!
再びダルエスサラーム
また上京してきた。

 昨日の朝6時ネワラ発のバスに乗りマサシ経由で服部隊員と合流し昨日はムトワラ泊をして今日飛行機に乗り首都に上がってきた。ネワラ→ムトワラまでのバスは10時間位かかったけれど、前回36時間バスを経験しているので、今までほど辛さを感じなかったよ。

 上京してきた理由は今週は肝炎の予防接種と来週1週間、教師系隊員の広域研修があるんだ。広域研修というのは、その名の通り色んな国から隊員とそのカウンターパートがタンザニアに集りグループディスカッションや学校に授業見学に行き意見交換をしそれぞれの国での共通課題の解決や良い点のシェアをすることが目的で行われる。今回はガーナと隣国のケニア、ザンビア、ウガンダ、マラウィから隊員ととのカウンターパートが集まる予定。

 主催国ということで色々手伝いとかあって忙しいと思うけど、学校の授業を休んで参加している分、色々と吸収したいと思うよ。このような研修に参加するのは初めてなので楽しみだ!研修中は皆同じ郊外のホテルに泊りこみ、そこで活動することになるんだ。主催国の隊員は今週日曜からホテル入りして、遥遥来てくれた隊員たちをお出迎えする予定!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。