FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

05 ≪│2006/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日はKaribu Party
明日はいよいよKaribu Party!

新隊員が到着して今日で4日目。4日間着任手続きでオリエンテーションの連続や大使館への挨拶等で忙しそうだったよ。そして今日まで一緒にドミドリーで過ごしていたんだけど、今日の夕方語学訓練を受ける学校へ移動していった。ここに泊り込んで3週間弱のスワヒリ語訓練を受けることになる。俺たちが3ヶ月前に受けたのとほぼ同じスケジュールだ。自分たちも3ヶ月前はこんな感じだったんだなぁ~と客観的に自分たちを見れた気がしてなんとなく懐かしくなったよ。

 Karibu=Welcomeという意味で明日は先日到着した新隊員のカリブパーティーを行うよ。このパーティーを企画するのは、主賓の一つ前の隊次の役割というのがタンザニア隊員の代々の決まりになっているんだ。そう、明日のパーティーは俺たち17-3次隊が企画する。だから同期で話し合い必要なものを準備して今日までにある程度まとめてきた。幹事にまわるのは初めてだけど、3ヶ月前に自分たちも歓迎してもらったので、明日は新隊員たちに少しでも楽しんでもらえるよう、頑張るよ!

 ちなみに来週はKuwaheri party。Kuwaheri=Farewellという意味で7/9に帰国する16-1次隊のお別れ会がある。このパーティーを企画するのは、主賓と一番付き合いの長かった次に帰国する隊次の隊員が行うことになっていて、これも代々のタンザニア流らしい・・・。このパーティーにも参加する予定で任地のネワラですごくお世話になった小針隊員を盛大に送り出したいと思う!

CIMG0436.jpg
タンザニアに赴任した当初の写真
同期とドミトリーの洗濯機の前で。

スポンサーサイト
初の後輩隊員
今日は後輩隊員が着任する

 平成18年度1次隊(前期)の隊員が先日二本松での訓練を終え今日の午後2時半にダルエスサラームに到着する。今回は9名赴任するみたい。新隊員はもう日本は発って飛行機の中だ。タンザニアに着いたら新隊員も少なからず俺が最初に持った印象と同じような印象を持つんだろうな~。

 そう丁度3ヶ月の3月27日の午前11時半過ぎに大学と高校の時の友達に見送られながら日本を発った。そして現地時間の28日の朝8時にダルエスサラーム空港に降り立った。この時はHeathrow経由で来たんだけどせっかくイギリスに着いたのにTransitじゃなくStop overだったので時差ぼけの中、3時間ほどダラダラと乗り換え便を待たされただけで全然ロンドンの町並みを見れなかった。これは残念だった・・・。自転と同じ方向に飛んできたので一日中明るかった。ただロンドンからダルエスまでも10数時間かかってロンドンを夕方に発ったから、タンザニア上空で陽が登り始め、雲母の上に突き出たキリマンジャロとオレンジ色の朝日がすごくきれいで、朦朧としながら眺めたことを覚えているよ。あれは良かったなぁ~。

 ともあれ今日から早くも先輩隊員。後輩隊員に教えてあげられるよう頑張ろうと思う!

P4030077.jpg
タンザニアで見た初めての朝日

CIMG1092.jpg
キリマンジャロと雲海
2006年3月28日に初めて見た上空からのアフリカ最高峰のキリマンジャロ。いつか登頂しようと思う。


Dar es Salaamの風景
任地の写真ばかりだとタンザニアのイメージが偏ってしまうので今日は首都のダルエスサラームの風景を載せるよ。

ぶらりと買い物がてらに散歩したときに撮った写真。

DSCN2956.jpg
ダルエスサラームの風景~空から~

DSCN2991.jpg
雨上がりの街の風景

DSCN2959.jpg
キリンのRound About
街の交差点には信号が少ない代わりにラウンドアバウトが沢山あり、色々なモニュメントが飾ってある。これはブルーのキリン。

DSCN2986.jpg
Askari monument
アスカリ(兵隊)モニュメント。これもラウンドアバウトにある。自由行動した後の待ち合わせ場所の一つとして使われる。

DSCN2971.jpg
物を運ぶ女性
こっちの女性は重いものも運んでしまう。

DSCN2988.jpg
バナナの売り歩き

DSCN2969.jpg
街の風景1
こっちの人は雨が降っても洗濯物を取り込むという習慣が無い。雨季の雨は一時的な土砂降りが多く、すぐまた晴れるからだ。

DSCN2972.jpg
街の風景2
防犯のため、どこの家もほとんどグリルを付けている。まるで牢屋のように・・・寮も、店も・・・これが閉鎖的に見え寂しく思うことがある。日本のようにグリル無しでも安全に過ごせる日は来ないのか・・・。

DSCN2987.jpg
街の風景3

DSCN2965.jpg
Shop Rite
街の結構立派なデパート。少し高いけど品揃えは良い。

DSCN2977.jpg
Dala Dala
街中を走るバス。フロントに行き先が書いてる。これはPosta(郵便局)行き。所々にバス停がありそこで乗り降りできる。バス停じゃなくても乗客の希望通りの場所で降ろしてくれるときもある。運賃は200Tsh.

DSCN2992.jpg
Dala Dalaの中
街を走る車のほとんどは、ダラダラも含めて日本から入ってきた古い中古車。欠陥箇所も多いけど車検制度も無いので動かなくなるまで誰も整備はしない・・。ただガソリンだけは高く日本と同等値段1300Tsh/l位するので運転者には少し気の毒だ・・・。だからこのダラダラも満席になるまでは、バス停に止まり続け発車しない。

DSCN2990.jpg
Mchungwaの移動販売
Mchungwa(オレンジ)を買う同期の服部隊員。前にも書いたけど少し酸っぱいけど美味い。



初めての隊員総会
昨日から今日にかけて隊員総会があった。

 隊員総会というのは、年に1度タンザニアで活動しているほぼ全ての隊員が集まり、安全講習を受けたり自分達の活動内容や任地の紹介をしたり、ディスカッションを通して意見交換しお互いの理解を深めたり、レクを通して隊員通しの交流を深めたりするために行われるんだ。

 タンザニアに赴任してまだ2ヶ月半の17年度3次隊の俺達はほとんど知らない隊員ばかりだった。だから新鮮で周りの隊員が考えていることなどを知れて、同じことで悩んだりしているんだなぁと分かりとても有意義だった。夜はタンザニアに居るJICA関係者はご好意で日本大使公邸に招かれ、刺身や寿司、ラーメン、ケーキなど普段じゃ食べられない料理をご馳走になった。美味すぎた!

 今日はタンザニアの南北で2チームに分かれ広いグランドで運動会を行いリレーや借り物競走、大縄跳び、タイヤ交換競走、ボール運び競走など楽しい競技を通して交流を深めた。筋肉痛になったけど楽しかった。夜は懇親会で隊次ごとの出し物や、もうすぐ帰国する16年度1次隊の隊員たちの懐かしい話などを聞けて昼間に続き楽しく過ごせた!

 もしかしたら来年は企画側にまわるかもしれないけど、今回同様に楽しみたいと思う。
Ombaについて
今日で前期終了!

 今日で今期が終了し、学校のドミに住んでいる生徒達も帰郷して行った。その後夕方から、俺の歓迎会&学校を移る先生の送別会を職員室で開いてくれた。ビールと鳥肉と飲んで食べて満足したし、嬉しかった。

 その後は家に戻り酔っ払い過ぎたので3時間位寝て休んだ。アメリのウガリは警備員が作ってくれた。明後日の日曜にはネワラを発つ予定なので、今晩で、警備員ともしばしお別れとなる。

 俺が居ない間は、警備員がアメリの面倒(ウガリ作り&散歩)を見てくれる。家の鍵は警備員に渡していくことにしている。来月上旬に戻ってくる予定なんだけど、留守の間犬の面倒みる分給料を上乗せしてくれと言ってきた。しかも凄い額を言ってきた。少しは上乗せするつもりでいたけど、あまりにも高すぎたので腹が立った。ウガリを作るのに必要な材料は1ヶ月は十分にもつ位用意したし、何でそんなに必要なんだ?ときいたら、家族の食材を買うためだと答えが返ってきた。そんなのは俺が居ようと居まいと関係ないと言いたかったけど、警備員にはスワヒリ語しか通じなく、言えなかった。

 警備員は前任者が雇っていた警備員を俺が契約を更新する形でそのまま雇っている。前任者が帰ってから俺が赴任するまでの間も警備員が犬の世話をしてくれていたんだ。前任はこの契約書と警備員に払った給与明細も残してくれていた。なので俺はこの明細書を元に高すぎるということを説明し、妥当な金額を言い何とか分かってくれた。・・こんな感じでなんとなく後味の悪い最終日となったよ・・・。

 警備員に限らず、全員じゃないけどこっちの人はよくOmba(お金を貸してくれ)してくる。それも見ず知らずの物乞いとは違い、顔見知りから言われるんだ。赴任当初で慣れない隊員はこの対応で皆結構苦労するみたい。貸したら返ってこないみたいだからね。俺も何日か前に、見ず知らずの他の学校の生徒が家に訪ねて来て、この生徒は前任者じゃないけど、もう帰ってしまった隊員が少し面倒見ていた生徒らしく、その隊員に次に来る隊員(俺)が俺が帰った後に引き続き面倒見てくれる人だと言われたから来た。親が俺を見捨てて学費払えないから助けてくれと言ってきたんだ。

 このときは前の隊員に対して勝手なこと言いやがって~と腹が立ったけれどその生徒の言うことを鵜呑みにしてしまい少しお金を渡して帰ってもらった。そのあとその隊員を知る小針隊員にそのことを話したら、その人は絶対そんなことをいう人じゃないし、きっとその生徒が勝手に言ってきたことだよ。教えてくれた。なので、2回目にその生徒が来たときは、多少同情しながらも、結構きつくお前は嘘つきだと言って帰ってもらったんだけど、また来るんだろうな・・・。

 学校の教師にも1人、携帯を買ってきてくれや、チャリのギアを買ってきてくれと言われたけど、お金を戻ってくる当てが無さそうだったので、そんな大金持ってないと言って断った。生徒からも何人か、ちっちゃな物だけどOmbaされたことがあった。

 こんな感じで知人からOmbaされるのは見ず知らずの人にされるより辛い。日本人=金持ちでいつも見られる。この問題に関しては、しばらく苦しむことになるんだろうな・・・。俺はそんなことをするためにここに来たんじゃない!と言い聞かせてなるべく断ろうと思う。
テストの採点終了
6クラス全ての採点終了

 金曜~月曜の夜まで停電だった。停電だとランタンの明かりで夜を過ごすことになるんだけど、夜は何もする気も起きず、体も洗わず、どの晩とも9時過ぎには寝てた。今まで毎晩体洗っていたのに、まぁいいかと思ってしまった。任地の環境に慣れてきた証拠か~!?・・て関係ないか・・・。

 ともあれ数学が初っ端にあったおかげで、土日の明るい時間を採点に当てられたので、今日採点が終わったよ。疲れた・・。テストをすると生徒が理解できていない箇所がよく分かるもんだなと実感できた。あとは残りの日で成績を付ければ完全に終了。学校は今週の金曜で今期終了し、土曜から長い休みに入る。新学期は来月17日から始まる。今月中旬には年に一度の隊員総会が首都であるので、日曜にネワラを出発しようと思う。何か楽しみだ!
Terminal tests
今日から期末テストが始まった。

 一昨日に今期の授業は終了し、昨日はテスト準備日で今日から期末テスト開始。一日2科目ずつ5日間かけて行われる。9科目あるので、来週の水曜まで続く。初っ端は数学。問題は前任者が用意してくれていた。助かったよ。試験時間はどの教科も長く2~3時間もある。だから一日2科目しかできないんだけどね。

 問題用紙の印刷は予め問題を渡しておきそれをタイピストが打ち直してくれそれを輪転機で必要枚数分印刷してもらうんだけど、タイプミス多いし、輪転機での印刷はコピー機とはほど遠くものすごく汚く、何書いてあるか読めない箇所がたくさんある・・・。だから試験中は、生徒から、何て書いてあるんだ?という質問が殺到する。あとは生徒の並び順もこっちには、名簿がなく名前の順に席に着くという習慣が無い。試験を受けに来た生徒に名前とクラスを紙に書いてもらい、あとは適当に席に着くという感じ。そう、どのクラスも約4分の1の生徒はテスト受けないんだ。学費未納の生徒はテスト受けられないという校則があるらしく、ただ単に休む生徒もいるけど、ほとんどがこのためだ。日本のテストと比べると物凄く効率が悪く、それがストレスになる・・・。次のテストには、少し改善するかな・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。