FC2ブログ
Wanna be a Tanzanian !!
タンザニアに渡航できますように! タンザニアに解け込めますように!
プロフィール

コータ

Author:コータ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Counter



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teaching skills up workshop in Mtwara technical secondary school
 3日~4日にかけてムトワラ技術中等学校でワークショップがあった。昨年の8月下旬にナチングウェアで行われたのと同じワークショップで佐藤フィールド調整員主催で行われた。一番古株の俺と服部隊員は4度目であり最後のワークショップだ。ムトワラ技術中等学校というのは、タンザニア南部の公立220校中トップの学校で、去年のFormIIの国家試験で数学で平均点が41点もあったらしい。しかも95点以上が10名もいたとか・・・。俺の学校は俺が赴任してから2年間かけて教えても70点以上の生徒は居なく平均点も13点だったから、本当に信じられないくらい優秀な学校に感じるよ。

 正直4度目だし、もう参加しなくてもいいかなと最初は思っていたんだけど、開催地がムトワラ技術中学校ということで、どんな生徒達がどのような環境で授業を受けているか見てみたいと思い参加することにした。しかもせっかくの開催地なので、俺が配属先で数学一番優秀だと思っているFormIIIのHajiとFormIVのSudiの2人を誘ってみた。2人ともとても行く気になってくれたので往復交通費と宿泊費、食事代は出してあげることにした。この2人にとっても自分達と同レベル以上の生徒が何人も居る中で授業を受け、彼らと交流したらとても刺激になると思ったからだ。配属先から彼ら2人を連れて行く許可をもらい、同僚の数学教師のRashidも校長からの許可とワークショップ参加費をもらい4名で参加することになった。

 2日の夜中1時過ぎに歩いてムトワラ行きのバススタンドに向かった。そして途中でHajiに会い2時前にはバススタンドに着いた。Sudiも間もなくやってきて2時のバスを待った。でも時間になってもバスは来なかった。昼間バスの時間を聞いて確認したのに本当に腹が立つ・・・。タンザニア人は皆では無いけど今回に限らず自分からは知らないとは言わず、分からないときでも平気で適当な返事をするんだ。結局バスが来たのは4時半過ぎ・・・。4人で真っ暗なバス停で3時間近く待ったよ。そして5時にバスは出発した。ひたすらウトウトしながら5時間半、朝10時半にムトワラに着いた。

 ムトワラについてからは佐藤フィールド調整員が予約をしておいてくれたゲストハウスにチェックインした。同僚と生徒は、ここのゲストは1泊8000Tshと高く隣の少し安いゲストハウスに泊まることにした。その後は4人で軽く朝食をとりその後は別行動。生徒は2人とも初めてのムトワラだったみたいで、それだけで興奮していた。俺は眠かったので夕方3時頃まで昼寝をした。3時過ぎには他の任地からも次々隊員がやってきて、揃ったところで佐藤さんの家に向かった。翌日からワークショップの準備と打ち合わせをするためだ。着いたときは既にムトワラと近隣の隊員が準備をほとんど終わらせておいてくれたので、俺達は特に何も準備をすることは無かった。軽く打ち合わせをして、15~16人も居たのに佐藤さんが予め準備してくれたムトワラの美味しい魚料理を鱈腹ご馳走になった。本当に上手かったし彼女に感謝した。翌日から頑張ろうと思ったよ。

 3日ワークショップ当日。朝から生憎の雨だったので俺はRashidと生徒と4人でタクシーで開催校まで向かった。雨でもほとんど遅れることなく皆集まった。そしてタイムテーブル通りに始まり、俺は最初に授業をすることになった。俺が選んだトピックはFormIVの生徒を対象に国家試験対策のSet。Venn diagramを描くときは真ん中から埋めること、"数学を勉強する"というセンテンスと"数学だけを勉強する"というのは完全に異なるんだというのを強調して教えて何問か過去問を解かせる形で行った。生徒が何故か異様に静かでリアクションも予想していたより少なく、こっちが緊張してしまい、いつもの7割の出来という感じで俺はちょっと不本意ながら授業を終えたよ・・・。見学者からはもっと声にストレスが必要だ、黒板は分割して使った方がいいというアドバイスをもらった。緊張で声が小さく単調になっていたんだろう・・・。黒板を分割した方がいいというのは、前にも言われた気がする・・・。これはすっかり忘れていた。褒め言葉はティーチングエイドがよく準備してあって分かり易い、スワヒリ語が流暢だと言われた。これらは素直に嬉しいし今後も継続していくつもりだ。ともあれ最初に授業が終わってほっとした。

 次の授業は俺は同僚のRashidの授業を見学した。トピックはFormIVの生徒を対象にしたLinear programming。このトピックをどうしても同僚にやってもらいたかったので、このワークショップのRashidの参加が決まってから、彼がトピックを決め兼ねているとき、俺がLinear programingをやってくれないか?とお願いしたんだ。そうしたらすんなり構わないよと言ってくれた。あっさりOKしてくれて拍子抜けしたけど、本当にラッキーだ。このトピックは問題文から2つの不等式を作り描きその領域内での交点から最大利益や効率を求める問題で、これは結構難しいトピックだと思っているし、実際まだFormIVの生徒には教えていない。俺が任地を離れた後、学校が1ヶ月のTerm休みの間にRashidに頼めるかどうか見極めたかったんだ。それ以外にも単純にRashidの授業を見てみたいというのもあったんだけどね。ともあれ彼は俺以上に全然準備をしてこの授業に取り組んでくれ、不等式の復習からしっかり入り本当に全く問題なさそうだった。白熱してタイムテーブルがあるのに20分もオーバーして100分も授業してしまったくらいだからね。これはさすがに見学者から注意されていたけど・・・。でもグラフペーパーまで用意していて、本当に素晴らしい授業だった。このトピックは毎年国家試験にも出題されるので、俺が任地を離れてから後任者が赴任するまでの間にRashidにやってもらおうと思うし全然安心して任せられるよ。
 
 その次の授業ではMsambwaというムトワラの学校の教師のFormIIIのトピックであるStatisticsを見学した。この授業は本当に見学しおいて良かったと思った。Statisticsの中でもMedianを求め方を理解させる授業でとても勉強になった。俺達隊員は日本では普通MedianやModeの求め方なんて勉強しないので、しかもタンザニアの教科書も間違いだらけで、結構隊員が頭を悩ませるトピックの一つなんだ。俺も実際FormIIIの生徒に去年教えたときは、Medianの公式の意味が分からなかったので、生徒に公式の暗記だけさせて、必要な因子は求めて代入するだけだとしか教えられなかった。だから自分自身突然生徒にMedianを教えてくれと言われると公式を忘れてしまっていて、焦ったことも何度かあった。でもこの教師はどうしてこの公式を使うとMedianが求められるのか?という公式の意味を生徒に教えていて、ちゃんと理解すれば公式なんか覚える必要ないくらいな感じで授業をしていた。実際見学していた俺も公式に頼らずMedianを求められるようになった。これで多分一生忘れることは無いし、生徒にいつ聞かれてももう大丈夫だ。本当に勉強になったので俺も中間テスト明けからFormIIIの生徒にこのように教えていくつもりだし、FormIVの生徒にも補講で教え直そうと思った。タンザニアの中でもここまで分かっている教師っているんだなぁと初めて思った。彼の生徒達はきっと優秀だろうなぁ。

 3日はこんな感じで3つの授業&評価ミーティングで終了した。夕方は皆で軽く飲みながらChipsy&Mayaiなどをつまみながら楽しんだ。この晩からゲストハウスに泊まっていた生徒2人が学校の寮に泊めさせてもらえることになった。これは生徒にとってとても良い交流の機会だ。4日は朝一で開催校の先生の授業のFormIIIのCircleというトピックを見学した。円の性質で円周角から弧の長さを求めたりする授業なんだけど、与えられた弧の長さが円周よりも長く円周角が2700度とかなる滅茶苦茶なひどい問題を出されていた。それでも生徒は多少混乱しながらもちゃんと答えていたし授業についていっていた。この教師は見学者からも色々と指摘をされていた。聞くところによるとこの学校は南部一だからと言って教師が皆優秀というわけでは無いらいしい。何人かはろくに分かっていない教師も数人居るみたいだ。彼がその中の一人だったみたいだ。優秀な生徒は教師に頼らずTutionや自習で勉強を進めるらしいんだ。だから逆に学校の授業の方が復習になるような感じらしく、教師の質問にも皆英語で自信をもって答えていた。俺の配属先ではまず見られない光景だ。これにはHajiもSudiも驚いたようだ。でも彼らも気後れせずに頑張って挙手していたけどね。配属先ではほとんどが質問しても、分からないか自信無さ気に皆前の人が言った答えをコピーして言うだけなのに、ここの生徒は自分の答えが正しいと前の人と違っても自信を持って答えていた。これは本当に凄いなと思ったし2人の生徒達も思ったはずだ。こんな生徒達相手に授業をできたら本当に楽しいんだろうなぁと思ってしまうよ。

 ティーチングエイド作成セッションでは渡辺隊員が主体となりClinometerを皆で作成した。出来上がったこれと三角比を使い天井の高さを測定した。Tanの性質からも遠くから測った方が誤差が小さいということまで皆の結果を使って説明してくれて皆楽しんでいたみたいだ。その後は参加者皆で反省会を行い昼食を食べて解散した。夜は隊員だけで集まり今後の改善点などを話し合う反省会を打ち上げを兼ねて行い9時過ぎには宿に戻った。そして今朝7時発のバスに乗り生徒と一緒にネワラに帰ってきた。小さいバスだったので6時間半もかかったけれど無事に昼過ぎには着いた。自分の授業は少し不本意だったけれど、それ以外に得た物が大きく為になったワークショップだったと思う。本当に参加して良かったと思った。

20080303_000.jpg
Mtwara techの生徒に混ざって授業を受けるHajiとSudi

20080303_001.jpg
同僚のRashidの授業①

20080303_002.jpg
同僚のRashidの授業②

20080303_004.jpg
とても参考になったMedianの授業

20080303_003.jpg
Medianのボードワーク

20080303_005.jpg
真剣に授業を見学する参加者

20080304_000.jpg
普段は生物を教えている服部隊員のTime convertionの授業

20080304_001.jpg
現地教員のThe earth as sphereの授業

20080304_002.jpg
渡辺隊員のLogarithmのティーチングエイド

20080304_003.jpg
横手隊員のSolid figureモデル

20080304_004.jpg
ティーチングエイドの紹介を聞く参加者達

20080304_005.jpg
中村隊員の作成したAmplitude

20080304_006.jpg
渡辺隊員が主体になり皆で作成に取り組んだClinometer
スポンサーサイト
Teaching skill up workshop in Nachingwea
 昨日から今日にかけてTeaching skill upのワークショップが照沼隊員の任地であるナチングウェアであった。ナチングウェアは俺の任地から100キロほど北にある町でバスでマサシ乗換えで約5時間かかるところにある。3月に俺の任地で行われたのと同様のワークショップで佐藤フィールド調整員と照沼隊員が中心となり準備をしてくれ今回の開催に至った。今回は8月に赴任したばかりの19-1の隊員5名も加わり前回以上の参加者になった。

 ワークショップの内容は一人一人の授業を見学し、授業の良い点、改善点をフィードバックするというものだ。17-2は今回が最後のワークショップ参加になるので1年9ヶ月の活動で積み上げた授業を見ておきたかったというのが、今回の参加の一番の目的だった。彼らにとっても、このワークショップで自分の授業を改善するというよりは、新隊員や現地教員に何かを残すという方にウエイトが置かれていたように思う。同期の服部隊員と俺も、もうどちらかといえばそっちの立場になっていたのではないかな。

 そして俺はCalculations using logarithmというトピックを行った。これは対数表と逆対数表を用いて複雑な掛け算や割り算を計算するというトピックで国家試験でも毎年のように高配点で出題されるので、FormIIの試験直前対策ということで割り当てられたんだ。日本では馴染みのない内容だ。俺もタンザニアに来て今年の前期に実際教えるまでは良く理解してなかったトピックだった。なので19-1の新隊員にも分かってもらうようにという意味も含めて佐藤フィールド調整員と事前に選んだトピックだ。

 実際今年の前期に教えた時は対数表の読み方で80分、逆対数表の読み方で80分、Bar caluculation(整数部分のみ±OKで小数部分は常に+)という特殊表記の計算で80分かけて、その後に計算に入ったのに、今回はナチングウェアの生徒も一度習ったということを前提に授業をした。目的はあくまで、今年の国家試験でこの問題で点数をとってもらうこと、新隊員にもこのトピックを理解してもらうということだった。

 ボリュームも多く急ぎ足な授業になってしまったけど、過去3回のワークショップでは一番良い授業が出来たのではないかとと思う。だから本当に満足できたワークショップだった。見学者からも良くまとまっていた授業だったと、色々褒め言葉を頂いた。でももう少し対数表の読み方に時間をかけるべきだったという意見も頂いた。まぁこれは自分でも自覚していたけど、ここに重点を置いていたわけではないのでしょうがなかった。

 他の17-2隊員達の授業はちゃんと見れたのは新妻隊員のThe earth as sphereだけだったけど、カラーチョークを使って地球を書いたり、おわんに紙を張りそれで半球の断面を示したりとあくまで3Dイメージにこだわり色々と工夫されていた授業だった。松浦隊員はStatisticsで現地教員でも間違って理解しているMedianとModeに対して認識を改めてくれと願いこめて行われた授業だったみたいで、授業後のEvaluation meetingで色々と活発な議論が行われていた。この議論が行われている時点で授業は成功だったんじゃないかなと思う。開催校の照沼隊員はRefractionの授業行ったみたいだ。グラスブロックに光を通しピンでその軌跡を追いグラフを書き屈折率を求めるという内容で国家試験の物理のPracticalで頻出の内容らしい。彼の授業も自分の生徒の方が見学に来た先生達より正確なグラフを書き、値を求めていたらしく成功した授業だったのだろう。ともあれ17-2のみんなも満足したようだった。俺に限らず皆彼らから色んなことを学んだと思う。

 そして今晩は反省会も含めて皆で飲みに行きナチングウェア最後の夜を大いに楽しんだ。次は来年の2月~3月にかけて行われる予定だ。場所も未定だけど、任期を終える前にもう一度参加したいと思う。

DSCN8316.jpg
ナチングウェアの朝焼け

DSCN8317.jpg
ナチングウェアの町並み

DSCN8320.jpg
畠山隊員の授業風景

DSCN8322.jpg
服部隊員の授業風景

DSCN8326.jpg
渡邊隊員の授業風景

DSCN8330.jpg
新妻隊員の授業風景

DSCN8345.jpg
松浦隊員の授業風景

DSCN8360.jpg
照沼隊員と佐藤フィールド調整員のティーチングエイド作製実習風景

DSCN8356.jpg
ナチングウェアの夕焼け

DSCN8352.jpg
丘からの町並み

Skill up workshop at Nangwanda Secondary School
昨日から今日にかけて俺の配属先であるナングワンダ中等学校でスキルアップワークショップがあった。昨年9月にマサシで開催されたのと同じ内容のワークショップだ。他地域への波及と継続を目的に今まで半年に1度のペースで佐藤シニア隊員を中心に企画、運営されてきている。1月にタンザニア南東部の隊員で話し合い、次はネワラでやろうということになったんだ。
 
 今回は開催校が配属先ということで俺も少しだけ運営に関わった。ワークショップの内容はいつも通り授業を行い、その授業を他の参加者が見学し、授業後ミーティングでよい点、改善点を話し合うという内容だ。そしてワークショップの終盤には皆でティーチングエイドを作った。参加者は南東部の理数科隊員7名と彼らのカウンターパート、ネワラ近隣の学校のタンザニア教師数名が集まり合計で23名だった。もちろん俺の学校の理数科教師は全員参加したよ。

 基本的に参加者は全て授業を行うので、彼らのトピックは本人からの申告が無い限り俺と同僚のRashidと決めた。どういう風に教えるか興味あるトピックばかり選んだので、できれば全員の授業を見学したかったなぁ・・・。

 ちなみに俺はFormIIの生徒にQuadratic equations solution by factorizationを教えた。言葉を含めてDelivery technicが全般に前回のセミナーのときに比べて上がっているという評価をもらったよ。前回の課題だったBe assertiveは克服されたんでしょう!・・・っていうか普段から教えている慣れた生徒だから当然か。改善点は括弧を省いたり板書が雑になっていると指摘された。これは初心に返って直そうと思う。

 他の隊員の授業はやっぱり半年間で上達していた。皆教えるとき前回は英語主体だったのに今回はスワヒリ語主体に言葉を変えいた。現地教員からはしばしばスワヒリ語で教えることを反対されるけど、スワヒリ語の方が生徒の反応はいいからね。ともあれ同僚の授業を見学すると良い刺激になるよなぁ!

 現地教員の授業は英語主体だった。でも生徒を引き付けるのは上手かった。でも細かい所で嘘を教えていた。例えば|X-5|=3とか解くときXの範囲で場合わけせずに±を付けて絶対値記号を外してしまうとか・・・。ここら辺微妙なんだよな・・・正確な解法優先させると、かえって生徒を混乱させることもあるからね。それなら嘘でも目の前の問題を解くということだけを今は優先した方がいいとか・・・。俺もたまに、この手の嘘を教えるときあるからね・・・。教師である限り悩み続けるだろうな。生徒のレベルによって正確な知識を教えるか、嘘を教えるかその都度判断していくしかないんだろうなと思う。

 ともあれ色んな教師の授業も見れたし、いつになく真面目な生徒の反応も見れたし同僚教師も凄く刺激を受けたみたいで、ワークショップ自体大成功だったんじゃないかと思う。この成功に終わったのも佐藤シニア隊員の綿密な段取りがあったからだと思う。彼女に本当に感謝だ。空き時間には同僚に俺の家やルブマ川の見える場所とか案内出来たし、最後は皆で打ち上げもして本当に満足な二日間だった。

DSCN1267.jpg
タイムテーブル

DSCN1265.jpg
参加者が作ったティーチングエイド
みんなまめによく作る。

DSCN1245.jpg
Logarithmを教える新妻隊員

DSCN1260.jpg
Transformationsを教える松浦隊員

DSCN1275.jpg
Reflection at plane surfaceを教える照沼隊員

DSCN1296.jpg
Equilibriumを教える同僚のMfaume

DSCN1283.jpg
授業見学風景

DSCN1307.jpg
参加者にLung modelを説明する服部隊員

DSCN1312.jpg
参加者にPinhole cameraの原理を説明する照沼隊員

DSCN1315.jpg
参加者に像の写り方について説明する佐藤シニア隊員

DSCN1317.jpg
参加者に電流と磁界について説明する江口隊員

Masasi girls Secondary school セミナー参加
服部隊員の配属先であるマサシガールズセカンダリーのセミナーに参加した
 29~30日行われたスキルアップセミナーに南東部の理数科隊員とそのカウンターパート、付近の学校のタンザニア人教師が参加した。参加者は20名位いた。このセミナーの目的は、主催校の生徒を相手に授業を行い、また参加者教師の授業を見学しお互いの良い点、改善点等を指摘し合いそれぞれのスキルアップにつなげるということだ。

 このセミナーの主催者は佐藤シニア隊員と主催校の服部隊員とそのカウンターパートだ。みんなよく準備をしてくれ、開催日が金、土だったので、生徒が礼拝に行ってしまうという予想できなかったハプニング もあったけど、本当に有意義なセミナーだったよ。俺は同僚の数学教師Rashidiと共に参加した。隊員の授業やタンザニア人教師の授業見れる機会は滅多に無く、また自分の授業の改善点を指摘してくれる機会も滅多に無いので、見られている前での授業&初めての生徒相手ということで緊張したけど本当に良かったと思う。

 俺の改善点は訓練所から言われていたBe assertive!だ・・・。難しいな・・・。
CIMG1074.jpg
セミナーの様子1
本当に緊張した。

CIMG1073.jpg
セミナーの様子2

広域研修終了!
一週間の研修が終わった。

 今日でようやく一週間の研修が終わったよ。一週間の研修センター生活も終了。ホスト国になると色々と忙しくて大変だった。でも一番忙しかったのはFacilitatorのシニア隊員だ。彼女をちゃんとサポートできたかどうかは分からないけど無事研修が終了してほっとしたよ。参加者も皆満足してそうだった。研修では残念ながら他国から来た同期隊員は居なかったけど、それ以外の隊員や彼らのカウンターパートとも色々話せて楽しかった。

 研修は英語で行われたんだけど、タンザニア人や他国からきたカウンターパートは英語スラスラ話すんで何度もついていけなくなった。俺は半分も理解できてなかったのに、彼らは全部分かっていた様だ。自分の英語力不足を実感したよ。でも研修では生徒を巻き込む効果的な授業方法や、セミナープランも立てたんで任地に戻ったら早速実行してみようと思う。

 今回はこんな感じで首都に居たけどほとんど街をまわれなかった。まぁでもその分得たものがおおきかったんでまぁいいか!明日の朝ダルエスサラームを発つ予定。今回は飛行機で。もっとゆっくりしたかったけど、それはまた次回で!・・・次ぎあがってこれるのは、いつになるか分からないけど。こっちで売っている蚤取りの薬も買ったんで任地に着いたら早速アメリに試すかな~。
明後日から研修開始
いよいよ広域研修だ。

 明後日から広域研修が始まる。この研修の目的は現地教師と相互理解を深めより良い授業を展開していくために行われるんだ。In service training(INSET)と呼ばれる。他国はタンザニアに比べてINSETが進んでいるみたいでそれを少しでも参考に取り入れようというわけ!

 他職種・・・例えばコンピュータや自動車整備などは圧倒的に日本人の持っている知識や技能が現地人に比べて優れているので、現地の人は日本人から学ぼうという姿勢を持つけど、理数科教師はタンザニア人教師からみて、必ずしも優れていると思われていないみたい。教育の方針が日本と異なり、日本で自分たちが受けてきた同じような授業を展開しても生徒が国家試験を突破できるとは限らないからだ。例えばタンザニアでは定義を覚えさせられ、~の定義を言えという問題がものすごくテストで出題される。日本ではそんなことあまりやらないし、いきなり聞かれても日本人教師は答えられない。それに対してタンザニア人教師は自分たちが勉強してきたから出題傾向も分かっており簡単に答えることができるんだ。

 日本人教師が優れている点は、実験の仕方を知っているということと一つ一つの単元の知識が深く難問でも答えられるということだ。あとは真面目さかな~。だからお互いの良い所を学び助け合っていこうというわけみたい。

 というわけでホスト国の我々は明日から研修するホテルに滞在し準備や他国から来る隊員とそのカウンターパートを受け入れをしなきゃいけないんだ。ちょっと面倒だけど頑張って吸収してくるよ。明日から研修場所に1週間缶詰め状態で、来週の土曜には首都を出発するから今日が首都生活最後みたいなもんかな~。ともあれやってくるよ!
再びダルエスサラーム
また上京してきた。

 昨日の朝6時ネワラ発のバスに乗りマサシ経由で服部隊員と合流し昨日はムトワラ泊をして今日飛行機に乗り首都に上がってきた。ネワラ→ムトワラまでのバスは10時間位かかったけれど、前回36時間バスを経験しているので、今までほど辛さを感じなかったよ。

 上京してきた理由は今週は肝炎の予防接種と来週1週間、教師系隊員の広域研修があるんだ。広域研修というのは、その名の通り色んな国から隊員とそのカウンターパートがタンザニアに集りグループディスカッションや学校に授業見学に行き意見交換をしそれぞれの国での共通課題の解決や良い点のシェアをすることが目的で行われる。今回はガーナと隣国のケニア、ザンビア、ウガンダ、マラウィから隊員ととのカウンターパートが集まる予定。

 主催国ということで色々手伝いとかあって忙しいと思うけど、学校の授業を休んで参加している分、色々と吸収したいと思うよ。このような研修に参加するのは初めてなので楽しみだ!研修中は皆同じ郊外のホテルに泊りこみ、そこで活動することになるんだ。主催国の隊員は今週日曜からホテル入りして、遥遥来てくれた隊員たちをお出迎えする予定!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。